DISH//北村匠海が一発撮り、あいみょん作詞作曲「猫」アコースティックver.配信決定

音楽 公開日:2020/04/24 9
この記事を
クリップ

北村匠海(Vo/G)、矢部昌暉(cho/G)、橘柊生(DJ/Key)泉大智(Dr)の4人で構成されたダンスロックバンドDISH//。

一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にて、2017年に自身がリリースした楽曲「猫」(あいみょん作詞作曲)をこの収録のためにメンバーがアレンジしたアコースティックver.で披露した動画が、3月20日(金)公開からわずか一か月たらずで1,000万回再生を突破。そして4月29日(水)、「猫 ~THE FIRST TAKE Ver.~」として待望の楽曲配信がされることとなった。


一発撮りの状況下での緊張感と、アコースティックVer.でアレンジされた「猫」だからこそあふれ出る北村匠海の表現力が存分に味わうことのできる内容となっており、ファンだけでなく多方面から話題を呼ぶことになりそうだ。

「猫」は2017年にリリースされたSG『僕たちがやりました』のカップリングとして収録されていた楽曲。ファンには「隠れた名曲」として人気で、DISH//楽曲の中でもサブスクリプションで一番再生されてきた。Vo.&Gt.の北村匠海は以前インタビューで「ライブしてきた中で、一番歌っている最中に泣いた数が多い曲」と語っている。

また「猫」はシンガーソングライター あいみょんが作詞作曲。「THE FIRST TAKE」公開時はあいみょんも自身のInstagramにて紹介しており、コメントを寄せている。


【あいみょんコメント(Instagramより引用)】

「猫、私の大好きな曲!

いつも大切に歌ってくれてありがとう、曲作れてよかったと毎回思います。」


あいみょん自身も「猫」をセルフカバーして自身のライブで披露するなど、DISH//ファンだけでなくあいみょんファンにも周知された曲となっている。

なお以前DISH//とあいみょんの対談で、北村匠海から「「猫」は「キミスイ」(「君の膵臓をたべたい」2017年7月公開、北村匠海出演)にインスパイアされて書いてもらった曲」と紹介している。

■商品情報

2020年4月29日(水)配信

DISH//|ディッシュ

「猫 ~THE FIRST TAKE Ver.~」|「猫 ~ザ・ファースト・テイク・バージョン~」


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)