ソロとして新たに始動した赤頬思春期、配信限定シングルリリース決定

音楽 公開日:2020/04/24 6
この記事を
クリップ

韓国内の音楽配信チャートを席巻し続け、その驚異的なストリーミング実績から “音源女王” と呼ばれるシンガーソングライター系女性デュオ「赤頬思春期」(あかほおししゅんき)がソロ・プロジェクトとして新たに始動し、5月8日に配信限定でシングル「私だけ、春」をリリースすることが急遽決定した。

「私だけ、春」は、韓国最大のミュージック・アワード「2019 Mnet Asian Music Awards」(通称MAMA)にてグループベストボーカルパフォーマンス賞受賞曲で、日本でも人気が高く、待望の日本語バージョンのリリースとなる。


大変な時期でも、日本のファンの皆さんに元気を届けたいという思いの元レコーディングを敢行した本作に是非期待してほしい。なお、J-WAVE「STEP ONE」にて4月28日(火)に「私だけ、春」がOAされるのでいち早く聴けるチャンスをお見逃しなく。


<赤頬思春期 アン・ジヨン メッセージ>

こんにちは、赤頬思春期です!

いつの間にか季節は暖かい春になりましたね。今回は春に似合う愛らしい曲「私だけ、春」、そしてロマンチックな映画のような「Stars over me」を日本語バージョンで用意してみました。最近、多くの方々が辛い時期を過ごしていると思いますが、赤頬思春期の歌で少しでもときめく春の気運を感じていただけたらという思いでレコーディングしました!ぜひ聴いてみて下さいね。1日も早く皆さんに本当の春が訪れますように。


赤頬思春期は、韓国で、1億回のストリーミング再生数を記録した曲をなんと7曲も保有しており、新曲をリリースするたびに韓国の音楽チャートを席巻するほど絶大な人気を誇っている。多くの主要アワードで受賞を果たすなど名実ともにスターダムに登り詰めた。2019年6月には日本デビュー、サマーソニック2019へも出演を果たした。また、ティーンのカリスマである横田真悠が出演した配信限定シングルの楽曲「私の思春期へ」のMVは、動画再生回数が現在261万回を超え、“歌詞に共感し、この曲に救われた”という書き込みも多く、日本でも注目度が急上昇している。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)