レディー・ガガら豪華アーティスト出演、バーチャルコンサート配信決定

音楽 公開日:2020/04/16 9
この記事を
クリップ

歌手として数々の受賞歴を誇り、『アリー/スター誕生』ではアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたレディー・ガガがキュレーションを担当し、世界保健機関(WHO)と世界規模の課題解決を目指す非営利団体のGlobal Citizenが主催するバーチャル・コンサート『One World: Together At Home』が、Amazon Prime Video(以下Prime Video)にて、日本時間の2020年4月19日(日)午前3:00から午前11:00までライブ配信される。

このコンサートは世界的に流行している新型コロナウイルスの被害を受けている全ての人々が団結し、また、最前線で尽力する医療従事者や対応に献身する人々への支援を目的としている。プライム会員の登録がなくても、Amazonアカウントを持っていれば本配信を視聴することが可能。

配信は、午前3:00から午前9:00までのプレイベントのパート及び、午前9:00から午前11:00までのコンサートパートのライブ配信と、ライブ配信終了後の4月19日(日)午前11:30から4月22日(水)午前11:30 までのアーカイブ配信を予定している。


出演者はレディー・ガガを筆頭に、アラニス・モリセット、ビリー・アイリッシュ、ビリー・ジョー・アームストロング(グリーン・デイ)、バーナ・ボーイ、クリス・マーティン(コールドプレイ)、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、エルトン・ジョン、フィニアス、J・バルヴィン、ジョン・レジェンド、ケイシー・マスグレイヴス、キース・アーバン、リゾ、マルマ、ポール・マッカートニー、スティーヴィー・ワンダーら、世界中のトップ・アーティストたちが名を連ねている。

さらに、テノール歌手のアンドレア・ボチェッリ、ピアニストのラン・ラン、インド映画界で高い人気を誇るプリヤンカー・チョープラー・ジョナス、シャー・ルク・カーン、女優のケリー・ワシントン(『スキャンダル』)、新型コロナウイルスの感染を公表した俳優のイドリス・エルバ(『マイティ・ソー』)とその妻サブリナ、さらに元プロサッカー選手でモデルのデビッド・ベッカムも出演予定。

司会はそれぞれが看板番組を持つ、ジミー・ファロン(『ザ・トゥナイト・ショー』)、ジミー・キンメル(『ジミー・キンメル・ライヴ!』)、スティーヴン・コルベア(『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』)の3名が務める。

豪華な出演者たちによるパフォーマンスを楽しもう。

SNS上では数多くのアーティストたちが、ハッシュタグ#TogetherAtHomeとともにバーチャルコンサートを投稿し、家にとどまるよう促している。


ライブ配信はこちら

https://www.amazon.co.jp/dp/B07VVXPXFR

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)