TK from 凛として時雨、新曲MVに又吉直樹が参加

音楽 公開日:2020/04/02 6
この記事を
クリップ

4月15日にリリースするTK from 凛として時雨の約3年半ぶり4枚目のフルアルバム『彩脳』に収録されている新曲『copy light』のミュージックビデオに、芸人又吉直樹が参加していることがわかった。

又吉は、この『copy light』の作詞の制作協力をきっかけに「小説家」役として出演しているほか、ミュージックビデオの企画原案にも参画している。

かねてより凛として時雨の音楽を聴いていると公言している又吉直樹とTKは、数年来お互いのライブを観覧したり対談をするなど公私ともに関係を築いてきた。


「copy light」はライブでは数年前からライブで披露されてきた曲で、「人の愛し方を歌だけで伝えないで」と、ミュージシャンであるTK自身からの鮮烈なフレーズで始まるバラードだ。

ミュージックビデオは小説家に扮する又吉直樹が描く、誰にでも訪れる大学生の男女3人の苦悩と成長を描く。

YouTubeでは4月8日20:00~一般公開、音楽配信サイトでは4月8日から先行リリースされる。

ニューアルバム『彩脳』はCDジャケットを「東京喰種 ト-キョーグール」の石田スイ氏が描き下ろし、さらには石田スイ氏の作詞曲「彩脳 -Sui Side-」を収録。レコーディングにはピアノにCo shu Nieの中村未来、ベースにキタニタツヤらが参加し楽曲に彩りを添えている。

他にも、又吉直樹が作詞の監修を施した「copy light」、ゲスの極み乙女。のキーボーディストちゃんMARIとTKの共同アレンジとなった「インフィクション」、ゲストボーカルにヨルシカのsuisを迎えた「melt」、Salyuを迎えた「moving on」、

さらに世武裕子、トオミヨウ、河野圭らが参加する楽曲も収録され、タイトルにふさわしい「彩脳」が集結したアルバムとなっている。アルバムより先行して「凡脳」が配信スタート、iTunesでは先行予約キャンペーンもスタートしているのでチェックしてみよう。


<又吉直樹コメント>

元々、凛として時雨が好きで、TKさんの作る音楽を何年も追い掛けていたので、今回TKさんに声を掛けていただき、この歌が完成する瞬間に立ち会えたことが凄く嬉しかったです。

と言っても、TKさんの頭の中には初めからこの曲の詩の世界が拡がっていたと感じています。

僕はファンの一人として、過去に無かったほど真っ直ぐな感情がTKさんの言葉になり、曲と重なった時、どのように響くのかが聴けて感動しました。

MVの撮影も刺激的で面白かったです!自分が作品の雰囲気を壊していないことを祈るばかりです。


<TKコメント>

何年も大事にしていた楽曲、ライブでは3年ほど前から披露していましたが改めて言葉を又吉さんと共に見直し、より深くメッセージを込めさせて頂きました。

Music Videoでもご一緒させて頂いて、僕自身演奏しないで出演するのは初めてで、とても貴重な時間でした。

脇坂監督、又吉さんとアイデアを出し合いながらその場のカット一つで物語が形を変えていく臨場感が詰まっていますので、是非楽しんでください。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)