GENERATIONS 数原龍友による中島美嘉のカバーが話題に

音楽 公開日:2020/03/31 24
この記事を
クリップ

30日、生放送されたTBS「CDTV ライブ!ライブ!」にGENERATIONSが出演、2020年第一弾シングル『ヒラヒラ』を地上波テレビで初歌唱した。



【関連】関口メンディー、涙ながらに語ったGENERATIONSメンバーへの感謝


今回GENERATIONSが披露した『ヒラヒラ』は、今まで彼らが培ってきた多くの経験というパーツを、もう一度新しく組みあげることによって、 新たな GENERATIONSが始動するという意味を込めた作品。これまでのGENERATIONSにはないバンドサウンドにのせ、切れのあるキャッチーなダンスを披露、「ダンス格好良すぎ!」、「みんな楽しそう」、「ダンスを覚えたい」など、SNS上でも話題になっていた。

2020年第1弾シングル『ヒラヒラ』は、すでに配信済みで、ミュージックビデオもYouTubeで公開されているが、パッケージは4月15日に発売される。

また「CDTV ライブ!ライブ!」のうたって欲しい名曲・受け継いでいきたい名曲を出演アーティストがカバーする名曲ライブ!ライブ!のコーナーで、トリの名曲ライブ!ライブ!のコーナーに、GENERATIONSボーカル数原龍友がトリで出演、中島美嘉の『桜色舞うころ』を披露した。ボーカリストとして類まれな歌唱力をカバーでも存分に発揮し、「歌上手すぎ」と『ヒラヒラ』同様話題になっていた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)