朝ドラ『エール』GReeeeNの主題歌がSNSで反響

音楽 公開日:2020/03/30 72
この記事を
クリップ

30日から放送がスタートした NHK 連続テレビ小説『エール』の主題歌を担当しているGReeeeN。




【関連】『エール』主演の窪田正孝、理想の夫婦像を明かす「出会うべくして出会った2人」


ドラマの中で主人公 古山裕一が誕生するところで主題歌『星影のエール』が初オンエアされ、この曲の歌い出し「泣いて 生まれて 響く命」という歌詞が、このシーンとリンクしており、さっそくSNS上でも大きな反響となっている。

『星影のエール』は、人と人との繋がりを互いを照らしあう星になぞらえた歌詞となっており、聴く人の心に優しく寄り添う楽曲だ。『星影のエール』はNHKのYouTubeチャンネルにて公開されている。
  
また本日、GReeeeNの新たなビジュアルも公開された。歯科医師としての活動のため、GReeeeNはその顔、姿を出すことなく、これまでも文字通り、影(シルエット)となり、星空を背景にエールを贈る。


30日から放送がスタートしたNHK連続テレビ小説『エール』の主題歌を担当しているGReeeeNの新ビジュアルが公開された。本日公開されたビジュアルは星空を背景にエールを送る4人のシルエットとなっている。



◆GReeeeNコメント

今回の主題歌のお話に、大きなご縁を感じております。
僕たちGReeeeNメンバー4人は福島県で出会い、結成をしました。
僕たちのゆかりの地、福島出身の偉大な作曲家・古関裕而さんをモデルとした作品に関われること、大変光栄です。
来年、2021年は東日本大震災から10年となります。
戦後、多くの方が古関さんの作られた音楽に支えられたように今作の主題歌「星影のエール」も、日々起こる人生の大事な場所で支えになれたらうれしいです。
楽曲を書くにあたっては、ドラマの主人公・窪田正孝さん演じる裕一、二階堂ふみさん演じる音の夫婦の姿、そして、それぞれの人生の主人公である皆さんと、大切な誰かの姿を想像しました。
時に支えあい、導き、ともに泣き笑い、夢を語り合い、落ち込んでは慰め、励ましあいまた前を向く。
夫婦、親子、恋人、親友、それぞれ自分にとって大切な人の顔を想像しながら聴いてもらいたいです。
そばにいる大事な人との人生を照らしあえる星影であれますように。




※本記事は掲載時点の情報です。