“m-flo loves”が再始動、新世代アーティストとのコラボは「ぶっ飛ばされちゃいました」

音楽 公開日:2020/03/26 3
この記事を
クリップ

LISA、☆TakuTakahashi、VERBAL による m-flo は 2002年のLISA脱退を機に、さまざまなボーカリストを客演に迎えた“m-flo loves”を展開。多くのリスナー、ファンを魅了した。2018年にLISAが復帰。2019年には通算9枚⽬となるアルバム『KYO』をリリース。同年 11 ⽉に⾏われた m-flo デビュー 20 周年ライブ「KYO」には今までの“loves”アーティストたちも集結し、m-flo クロニクルのアニバーサリーに ふさわしいステージを披露。

そして2020年、新たなm-floの夜明けがやってくる。向井太⼀、eill、Sik-K という新世代のラッパー、ボーカリストを迎えた新しい“m-flo loves”第 1 弾『tell me tell me』の MV 撮影現場で話を聞いた。





【関連】稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾、m-floと15年ぶりスペシャルライブ


――ライブ「KYO」やアルバム『KYO』で、“m-flo loves”の復活が⽰唆されていましたが、いよいよ今回リリースされる Sik-K & eill & 向井太⼀『tell me tell me』で新しい“m-flo loves”が動きだしました。まず“m-flo loves”復活の経緯を教えてください

 

 ☆TakuTakahashi(以下:☆Taku)「『m-flo ってアメーバみたいなグループ』って LISA が⾔ってくれた素敵な⾔葉があって。まさにアメーバのようにかたちを変えて、いろいろな⼈とつながって 20 年間いろいろなことをやってきました。ここからまた LISA がいる状態で“m-flo loves”をやってみたら⾯⽩いんじゃないかというのがきっかけです」


 ――かつての“loves”と今回の“loves”の繋がり、またはその違いはなんでしょうか?

 ☆Taku「今回の“loves”は⾊んな可能性があって、LISA、VERBAL、☆Taku3 ⼈揃っての“loves”も あるし、逆に☆Taku と VERBAL だけの“loves”、LISA と☆Taku だけの“loves”もあるかもしれない、 ☆Taku がいなくて VERBAL と LISA だけの“loves”もあるかもしれない。というところですね」


 ――☆Taku さんがいないというのは、想像できませんが m-flo としては⾰新的ですね。今回その第 1 弾 『tell me tell me』についてなんですけど、向井太⼀さん、eill さん、Sik-K さんの 3 名を“loves”に迎えたのはどういった理由なんでしょうか


 ☆Taku「その辺は VERBAL とも話をしていて、すごい⼤事なのは、ここから m-flo が何をするのか意志 表⽰をすること。太⼀くんも eill ちゃんも Sik-K くんも、僕が⼤好きなアーティストたちなんですけど、この 3 ⼈を選んだのは『新しいことをしていくよ』っていうメッセージでもある。そして⽇本だけじゃなくて、世界ともっと もっと近づいてつながっていこうよっていう思いが詰まったメンバーですね」

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ