LiSA、大反響のスタジオライブを急遽YouTubeで公開

音楽 公開日:2020/03/23 5
この記事を
クリップ

2019年の大晦日、「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場し、昨年リリースしたTVアニメ「鬼滅の刃」オープニングテーマ最新シングル「紅蓮華(ヨミ:グレンゲ)」が50万ダウンロード(現在は70万ダウンロード)を突破、日本レコード協会有料音楽配信認定にて「ダブルプラチナプラチナ」を獲得したLiSA。YouTubeにて公開されている「紅蓮華」のミュージッククリップも2800万再生を突破している。

さらに、「第34回日本ゴールドディスク大賞 配信楽曲賞“ベスト5ソング・バイ・ダウンロード”」も受賞し、2019年のアニソンシーンを代表する1曲になり、今なおその勢いを落とさず愛され続けている。
今月の上旬から始まる予定だったアコースティックワンマンツアー「LiVE is Smile Always~unlasting shadow~」が公演延期となり、LiSAが“楽しみにしていたみんなを元気にしたい”という想いから、「聴いたら元気になる、LiSAの元気歌ってなに?」とツイッター上でLiSAの“元気になれる楽曲”を募集。その集計結果を元に、3/13(金)に急遽YouTube Liveにて「LiSA ~#LiSA元気歌~」をWEB生配信、1時間の配信にも関わらず、約36万視聴・ユニーク視聴者数は約23万人を数え、ツイッターハッシュタグ「#LiSA元気歌」は配信終了直後に世界トレンド1位を獲得し大反響。その反響を受け、3/23(月)18:30から「LiSA ~#LiSA元気歌」の楽曲演奏部分を、急遽YouTubeにて公開した。
期間限定(3/31 19:00まで)での限定公開となっているので、早めにチェックしよう。
今年は名古屋を本拠地とするプロ野球チーム”中日ドラゴンズ”のCBCテレビ・ラジオで放送される野球中継番組のテーマソング「マコトシヤカ」を担当する事も決定し、世の中を元気にするポジティブなメッセージを発信。
「第70回NHK紅白歌合戦」初出場でさらに大注目を浴びたLiSA。頑張ってる“キミ”を応援するポジティブなメッセージを歌うLiSA流応援ソングに注目だ。


【「LiSA ~#LiSA元気歌~」YouTube視聴ページ】


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)