「エンタメ第7世代」の台頭!?EXIT×Da-iCEの異色コラボに大反響

音楽 公開日:2020/03/05 13
この記事を
クリップ

3月25日に発売するEXITの初のCD『EXSID』に、ダンス&ボーカルグループ Da-iCEとコラボした楽曲『I got it get it feat.Da-iCE』が収録されることが発表になった。





【関連】Da-iCE花村想太が歌うKing Gnu『白日』が上手すぎて泣けると話題

既に発表となっていた『EXSID』の“D”が何を意味するのかファンの間でも話題となっていたが、それが「Da-iCE」であったこと、さらにはEXITの2人がダンス&ボーカルグループの一員として歌って踊る事がアナウンスされ、大きな反響を呼んでいる。

SNS上では、早くも「EXITとDa-iCEのコラボは激アツ!ぽんぽんぽーん!」「Da-iCEとEXITのコラボ やばたにえん!!」「EXITとのコラボ激アツすぎて。。 推しと推しのコラボ〜!!私得すぎて素敵!」「Da-iCEとEXITとか神ですありがとうございます!」「EXITのチャラ語をここまでかっこいい歌詞にしちゃう大輝めんすごすぎる!」「顔が幸せすぎてゆるんじゃう!歌番組で披露して欲しい!!ダンス楽しみ!」「7人でのパフォーマンス想像するだけで震えるよ〜! こんな幸せな夢見させてくれてありがとう!」など、神コラボと絶賛の声が上がっている。

歌詞の中には、「pon! pon! pon!」「お後がhere we go」「いと上がりけり」など、歌詞の中にEXITのチャラ語が空耳のように散りばめられており、その秀逸でリリカルな世界観をボーカルの大野雄大と花村想太の圧倒的な歌唱力で駆け抜けている。

Da-iCEメンバーで今回の『I got it get it feat.Da-iCE』の作詞を担当した工藤大輝も、「EXITさんのファンの方々、そして6面(※注 Da-iCEファンの呼び名)、どちらにも当てはめつつ、お笑いも音楽も一過性だと思われないように。仮にそうなった時でも表現していくモノは決して変えず進み続けようという意思表示の曲です。加えて随所に散りばめた空耳アワー要素を是非楽しんでください。」と、自身のSNSに投稿。
 
「音楽第7世代」「エンタメ第7世代」という新たなハッシュタグを使い、EXITとDa-iCEという7人組ダンス&ボーカルグループの結成を期に、まさに「エンタメ第7世代」の台頭を宣言した形となった。

ちなみに「エンタメ第7世代」の定義は、「ほぼお笑い第7世代と同じ定義。シェア&コラボ大歓迎のエンタメミックス世代であり、その可能性を探る世代」と、Da-iCEオフィシャルサイトでは説明されている。




※本記事は掲載時点の情報です。