歌い手・めいちゃん、『大迷惑』なアルバムを本日リリース「全てを出し切ったつもり」

音楽 公開日:2020/03/04 16
この記事を
クリップ

歌い手、YouTuberとして活躍するめいちゃんの全曲オリジナルアルバム、『大迷惑』がついに本日3月4日に発売日を迎えた。各サブスクリプション/ダウンロードサービスでの配信も同時にスタートしたほか、本人からのコメントも到着した。
本作はツミキ、ナナホシ管弦楽団、buzzGなどの人気ボカロPによる提供曲、さらにはめいちゃん自身が作詞作曲を手掛ける「ヴィクター」、「世迷言」、「アンユージュアル」の3曲など、全曲オリジナル曲という構成で勝負をかけた挑戦的な一枚となっている。

アルバムのリリースに寄せて、めいちゃんは「大迷惑を作ろうと決めてからもう一年以上も経ってしまったのかと思うと、この一年がいかに充実した素晴らしいものだったのかを改めて感じます。自分はとっても薄っぺらい人間で、何も長けたところは無いけれど、それなりに全てを出し切ったつもりです。僕という人間が他の人の記憶に残っていられることの幸せを噛み締めて、これからも邁進していきたいと思います。改めて、ここまで連れて来てくださった皆様。本当にありがとうございます。うんちぷりぷり」とコメントを発表している。

さらにこのアルバムを引っ提げて5月1日からは札幌PENNY LANE24、Zepp Tokyo、梅田CLUB QUATTROなどを巡る『ワールドワンマンツアー7「超迷惑」』の開催も決定している。
めいちゃんの更なる躍進を予感させる本作をチェックしてみよう。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)