和楽器バンド「これまでの軌跡」を魅せるベストアルバムのアートワーク公開

音楽 公開日:2020/02/26 5
この記事を
クリップ

和楽器バンドが世界中の人々に聴いてもらいたい楽曲をコンパイルした、グローバルコンピレーションベストアルバム『軌跡 BEST COLLECTION Ⅱ』のアートワークが公開された。


まさに『軌跡 BEST COLLECTION Ⅱ』というタイトルにふさわしく、彼らの過去の作品がコラージュされた「これまでの軌跡」を魅せるアートワークとなっている。

「このアルバムは、和楽器バンドの“入門編”でもあり、“ベスト”でもある作品です。世界中の街角から聴こえてきますように。」和楽器バンドメンバー一同


収録内容はYouTubeにて1億1千万回以上再生され世界中で愛される『千本桜』や ロックバンドの力強さと和楽器とオーケストラによる繊細さの両方を持ち合わせた名曲『細雪』、さらに『地球最後の告白を』『チルドレンレコード』『そこにあるかも知れない・・・ 』といったマスターピースとも言える貴重な数々の音源を含む全24曲が収録。

バリエーションに富んだ商品形態は、海外からも映像作品として評価の高いMUSIC VIDEOを全21作収録したMUSIC VIDEO盤、平安神宮や宗方大社など和楽器バンドならではのオリジナリティ溢れるライブをはじめとして、初のワンマンライブとなった2014年1月の渋谷club asia公演から2019年開催のさいたまスーパーアリーナ公演までのベストライブテイクを収録したLIVE映像盤、そしてCD ONLY盤の3種類が一般流通製品としてラインナップ。

さらにMUSIC VIDEO盤とLIVE映像盤の内容をコンプリートした映像集に、メジャーデビュー前の2013年11月「鈴華ゆう子with和楽器バンド」名義で発売され、現在入手困難なミニアルバム『序章。』の復刻盤を同梱したmu-moショップ限定の豪華パッケージを合わせた、全4形態にてリリースされる。


【関連商品】


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)