ソンジェ(SUPERNOVA)、リリイベで新たな魅力を開花「みんなで盛り上がれる曲を」

音楽 公開日:2020/02/25 6
この記事を
クリップ

韓国発ダンスヴォーカルグループSUPERNOVAのソンジェが、ソロ3rdアルバム「男の花道~SUNGJE’S JAPANESE SONGBOOK~」の発売を記念し2月24日(月)東京ドームシティラクーアガーデンステージでイベントを開催した。
2年ぶりのソロ活動ということで、ブラックのロングコートとサングラスというシックな衣装で登場した際には、少し緊張しているようにも見えたソンジェだったが、アルバムリード曲「男の花道~OTOKOBANA~」のステージでは、さすがのステージングを披露。会場にかけつけた約800人のファンからは大きな歓声があがった。今まではバラード曲を好んできたというソンジェだが、今回のソロ楽曲は踊れる歌謡ロック調のオリジナル曲で、ソンジェが非公式も名付けたダイエットにも効果があるという“左右前後ダンス”をダンサーと軽やかに踊る姿を見せ、ファンを楽しませるなど新たな魅力を見せた。



トークコーナーで、なぜ今までのイメージと異なる楽曲をリード曲に?と聞かれると、「昨年、今年と2年やっていた舞台“私のホストちゃん”や、ライブで“きよしのズンドコ節”を披露した時に、みんなで盛り上がったのがとても楽しかったので、ソロ曲でもみんなで盛り上がれる曲をしたいと思ったんです。最近悲しいニュースも多いけれど、僕の歌で皆さんにハッピーを届けられたら」と答え、ファンを楽しませたい、新たな魅力を見せたいという意欲を示した。


【関連記事】ソンジェ(SUPERNOVA)、男らしさみなぎるMVを公開「かかってこいや!」


イベントでは、ソンジェの伸びやかな歌声にマッチした切ないメロディラインが光る名バラード「最後の雨」のカバーも披露。この曲のほかにも様々なタイプのカバー曲をアルバムに収録しているが、特に思い入れのあるカバー曲を問われた際には「10曲目に収録した“ひろ”の歌詞がとても好き。大阪弁で歌った“やっぱ好きやねん”を大阪のライブで歌うのも楽しみなんです」と笑顔を見せた。
2月25日からは東京、名古屋、大阪で初のソロライブツアー「SUNGJE 1st LIVE TOUR ~共に歩く花道~」の開催も決定しているソンジェ。ライブはもちろん、ソロアルバム「男の花道~SUNGJE’S JAPANESE SONGBOOK~」を聞きながら、キャリアを重ねながらも進化を続けるソンジェの新たな魅力を堪能してほしい。

【イベント概要】
「男の花道~SUNGJE’S JAPANESE SONGBOOK~」発売記念イベント
2020年2月24日(月・祝)第1部14:00~
東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
セットリスト
1.男の花道~OTOKOBANA~
2.最後の雨

今後の開催予定
2020年3月1日(日) 第1部14:00~/第2部16:00~
大阪府・あべのキューズモール3Fスカイコート

【リリース情報】
2020年2月26日(水)発売
「男の花道~SUNGJE’S JAPANESE SONGBOOK~」
SUNGJE from SUPERNOVA

<CD> ※全形態共通
01.男の花道~OTOKOBANA~
02.Utopia
03.むかしむかしのはなし
04.ハナミズキ
05.最後の雨
06.長い夜
07三日月
08.やっぱ好きやねん
09.home
10.ひろ

<DVD>※初回限定盤Aのみ付属
01.  男の花道~OTOKOBANA~ Music Video
02.  Making of 男の花道

この記事の画像一覧 (全 8件)