F6、2度目のライブツアー開幕 新衣装は“兄弟愛”たっぷりのおそ松がコーデ

音楽 公開日:2020/02/22 33
この記事を
クリップ

9曲目からは怒涛の新曲パート。最初に披露された『CASHLESS!!!!!!』は、舞台「おそ松さん」で6つ子が歌った『JOBLESS!!!!!!』のF6バージョンのアレンジ曲。「みなさんどうでしたか?」と聞くと、「最高!」の声があがった。次の『マツゥ~ダンシング・マハラジャ・ナイト~』は一松・十四松・トド松のユニット曲で、まさかのインド風ダンスに会場はざわめき。次曲『アモーレ・ムーチョ!』はおそ松・カラ松・チョロ松と年上3人による楽曲とあって、暗めの照明が似合う大人テイスト。フラメンコ調のメロディとダンスで魅了した。


6人で歌う新曲『NAKED KINGDOM』と『FantaStIc X-tasy』では、初公開となった新衣装でのパフォーマンスとなった。それぞれのキャラクターカラーを取り入れたカジュアルな衣装で、全員のコーディネートはおそ松がを担当したという。カラ松が「色んなところに足を運んで選んでくれた」と感謝すると、おそ松は「受け入れてもらえるかすっごい緊張した。原宿とか竹下(通り)とか行ってみんなのこと考えていたら楽しくなっちゃって。あれじゃない、これじゃないって…。F6大好きです!」と兄弟愛を叫んだ。『NAKED KINGDOM』、『FantaStIc X-tasy』は両曲ともアップテンポだが、ライブツアータイトルにもなっている『FantaStIc X-tasy』はよりハードロックで激しいダンスが特徴。初めてのフォーメーションとメロディーにファンは6人に釘付けとなった。




本編ラスト2曲はおなじみの『“F”→U GOMany Money Make You Happy-』と『Good Looks, Good Night』。会場を彩る赤・青・緑・紫・黄色・ピンクは絶えることなく波のように揺れ続けていた。本編が終わると客席から「アンコール!」の声が響き渡る。


約3分間の沈黙の後、アンコールが始まる。『WAKE UP! ~SIX MEN’S SHOW TIME!!!!!!~』のイントロが流れるとライブTシャツに着替えた6人が再び登場し、魅惑の腰つきで黄色い悲鳴を浴びた。


アンコール2曲目は盛り上がること必須の『箱ティッシュサンバ』。「みんな~ティッシュだよ~」「欲しかったら叫べ~」の声とともに、6人それぞれが扇風機の風に乗せながら、誰もが世話になっている白い紙を観客席に向かって飛ばしまくった。


そして「楽しい時間はあっという間」(おそ松)となり、ライブツアーのラストスパートに差し掛かると、新曲の『FantaStIc X-tasy』を再び熱唱する。ここでメンバーからファンへ感謝の気持ちが伝えられた。

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)