F6、2度目のライブツアー開幕 新衣装は“兄弟愛”たっぷりのおそ松がコーデ

音楽 公開日:2020/02/22 19
この記事を
クリップ

舞台『おそ松さん on STAGE~SIX MEN S SHOW TIME~』シリーズより派生した人気ユニット「F6(エフシックス)」の2度目となるライブツアー『FANTASTIC ECSTASY』が22日、千葉・幕張メッセイベントホールにて開幕。おなじみの曲に加え、新曲4曲とアレンジ曲1曲も初披露され、集まったファン5000人を大いに盛り上げた。



【写真】ソロカットを見る

ライブ開始時刻となると紹介映像が流れ、開幕を知らせる。ステージ中央にF6 おそ松役を井澤勇貴、F6 カラ松役を和田雅成、F6 チョロ松役を小野健斗、F6 一松役を安里勇哉、F6 十四松役を和合真一、F6 トド松役を中山優貴が板付き、『Forever 6ock You』、『Magic Night Satisfaction』を立て続けに披露。会場のエンジンをかけていく。


自己紹介では、「今日は夢にご招待するから」、「とうとうきたな、この時が!ぶっ倒れるまで声出していけよ!」、「皆さんのために用意してきました」、「今日は一緒に最高に盛り上がるんだ、やつらに気をつけながらな」、「このステージはみんなのためにあるんだよ。大いに楽しんでいってね」「ツアーは1年半ぶりだよ!元気?最後まで盛り上がっていこうね」と順番にあいさつ。そしてデュエットコーナーへと続いていく。


弟から「兄さんたちに任せよう」とバトンを渡された、おそ松・カラ松。




「兄さんたちに任せなさい」と頼もしい一言の後『WILD☆JUSTICE』をスタンドマイクで熱唱。カラ松がおそ松に密着する場面では一斉に大きな歓声が沸いた。その後、『ビューティームーン・ミステリアス』はチョロ松と一松がギターを抱えて歌い、『SWEET CUTE RAP-SODY』では十四松とトド松が松マークがデザインされたトロッコでアリーナをぐるりと一周した。全員での『いつか夢でチャックメイト』は、「トト子の部分はみんなで歌ってください!」とおそ松。託されたファンは見事に歌い上げると、カラ松は「よくそんな曲覚えているね(笑)」と毒舌混じりに褒めていた。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)