『月とオオカミちゃん』が大反響、海外でも高い評価を受けるFAKYの魅力に迫る

音楽 公開日:2020/02/24 13
この記事を
クリップ

――「強み」とのお言葉ありましたが、メンバーが思う、それぞれの強みを教えて頂けますでしょうか。

一同「…。」

――黙らないでください!(笑)

一同「(笑)」

――では最初に、Hinaさんの良いところを教えてください

Lil' fang「Hinaはファンの方をはじめとする、“人との距離感のとり方”が一番うまいです。「共感性」が高いんだと思います。良い意味で「普通の感覚」をいつでも持っていて、ハズさないんです。メンバーの中でTwitterをやっているのもHinaとTakiだけなんですが、言葉をすんなり表現して届けることが出来る存在だと思っています」

Mikako「FAKYって少し近寄りがたいイメージがあるようなんですが、Hinaの親しみやすさが凄くバランスを取ってくれています。ライブのMCであったり、振る舞いであったりがとても優しいので、FAKYとして新たな扉を開いてくれた気がしています」





――では次に、Takiさんの良いところを教えてください

Mikako「とにかく人懐っこいんです。本人も気がついていない部分があると思うんですが、何をやってもイヤミがないんです。それは19歳だからとかいう問題ではなく、持って生まれた天性のものです。“天真爛漫の愛されキャラ”は今までのFAKYになかったので、新しい風です」

Lil' fang「思ったことをすぐ口に出すんですよ(笑)それがありがたいですね。あとは日本語、英語、フランス語、タガログ語と4ヶ国語をしゃべれるので、海外で活動させて頂く際には凄く頼りになります。各国の言葉だけでなく各国のカルチャーも把握しているので、振り付けをしている際にも私達には出せないフレーバーを加えてくれます。フィリピンでタレント活動をしていたこともあり、場馴れしていますし、なにより舞台度胸が凄いんです」


――続いてMikakoさんはどうでしょう?

Lil' fang「ちょっとMikakoの強みは無いんで飛ばしてもらっていいですか?(笑)」

一同「(笑)」

Akina「Mikakoはとにかく意思が強くてブレないところが凄いです」

Mikako「終わりかよ!」

一同「(笑)」

Taki「Mikakoは凄くみんなのバランスを見てくれています。それこそお母さんのように。洋服のバランスから、写真のバランス、歌のバランス。これはグループの中でMikakoだけにしか出来ないことです」

Lil' fang「みんなでセットリスト決めている時なんかに、もう何が正解だかわからなくなってきちゃうことってあるんですけど、そんな時はMikakoに頼ったりするくらいブレないものを持っているので“道標”になれる存在ですね」


――Akinaさんのいいところはどんなところでしょうか?

Hina「Akinaは太陽みたいな存在です。いるだけで場が明るくなるし、Takiとは違うベクトルでの愛されキャラなんだと思います」

Lil' fang「誰にもガードさせないという強みを持っています。それをちゃんと考えてやっていないのがまた凄いんです。計算ではなくて“本能”としてわかっているんだと思います。だからわざとらしくなく、懐に入っていけるんです」

Mikako「待ち時間なんかにもスッとコミュニケーションを取ったりしてくれるので、実は周りのことを凄く見てくれてるんだなと思います。ホント大人になったな~」

一同「(笑)」

Mikako「Akinaが15歳くらいの頃から見ているので、どんどん大人になるのが寂しいような、愛おしいような(笑)誰にでも「愛おしい」と言われる子なんです」

Lil' fang「あとはバイブスがカリフォルニアですし、ダンスがもうエゲツない上手さです。海外の著名な方々からも評価されるほどの実力なので、ダンスではリーダーですね」


――それでは最後にLil' fangのいいところをお願いします!

Lil' fang「ここまでみんなの良いところ言ってきたんでお願いします!待ってるよ」

一同「(笑)」

Akina「なんだろ~?」

Lil' fang「『なんだろ~?』ってなに!」

一同「(笑)」

Akina「いや!いっぱいありすぎて!まずは声がねぇ、響く響く!人生でここまで力強い歌声の人に出会ったことがないです。声は力強いのに、面白かったりするギャップも素敵ですね。スイッチが入ったときのステージプレゼンスがまた凄いんです」

Taki「なんと言っても“しゃべり”がうまいので、本当に助かります」

Mikako「歌はもちろんなんですが、書く歌詞のセンスの良さは誰もが感じられる強みだと思います。パーソナルな部分では、誰よりも人の気持ちを理解してくれるメンバーでもあるんです。“人間らしい”んですよ。Lilは自分の気持ちにも1mmハズさず向き合うタイプなので、上がる日もあれば、下がる日もある。浮き沈みはあるかもしれないけど、だからこそ人の弱さも知っているので、ここまで誰とでも向き合えるんだと思います。これら全てを持っているからこそ、ステージであれだけ輝けるんです。同じステージに立つ人間として、隣にいながらも『この人のステージパフォーマンスはピカイチだな』と思える存在です。私達はメンバーなんだけど、同時に彼女の“一ファン”でもあるんです。歌詞や歌、パフォーマンスの全てが尊敬できます。このリスペクトが自然と生まれるからこそ、8年も一緒にやって来れたんだと思います」

Akina「うん。間違いない。」

一同「(笑)」

2/4ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)