Stray Kids、アニメ『神之塔-Tower of God-』で異例の3か国語Wタイアップが決定

音楽 公開日:2020/02/18 5
この記事を
クリップ

3月18日(水)、待望の日本デビューを果たす、2PM、TWICEの弟分‘Stray Kids’(読み:ストレイキッズ)が、日米韓3か国で同時展開されるアニメ『神之塔-Tower of God-』のオープニング曲&エンディング曲の両方を担当するという異例のWタイアップが決定したことを発表した。
SIU(シウ)による原作『神之塔』は、全世界累計閲覧数45億、世界28カ国語に翻訳された超人気ウェブ漫画。同作は、2010年から韓国のNAVER WEBTOONにて連載がスタートし、2018年からはLINEマンガを通じて日本でも連載されており、世界中の読者を魅了し続けている冒険ファンタジー作品。2020年春より、NAVER WEBTOON初のTVアニメシリーズ 『神之塔-Tower of God-』として、ついに日本、韓国、アメリカで同時展開にて、アニメ化が決定した。




今回なんと、Stray Kidsは3か国語を駆使し、日米韓3か国のアニメ『神之塔-Tower of God-』の展開に合わせて、日本国内では日本語ver.が、アメリカでは英語ver.が、韓国では韓国語ver.がそれぞれ展開される。
“3か国”、“3か国語”、“W”タイアップとなる、かつてない異例の試みに注目だ。

■Stray Kidsメンバーコメント
バンチャン:友人の勧めで、NAVER WEBTOONで『神之塔』を以前から知っていました。最初から凄く面白くよく見ていたので、僕たちがこんなチャンスを得ることができて、とても光栄です。昔からやってみたかった作品のアニメのオープニング曲とエンディング曲を担当することができて本当に嬉しいです。しかも、3カ国語で担当させていただけるなんて夢のようです。


リノ:以前から見ていた『神之塔』のオープニング曲とエンディング曲を歌える事が決まったなんて、なんだか不思議な気持ちです。アニメ放送が始まったら欠かさず見たいと思っています。レコーディングでは、 日本語、韓国語、英語の3ヶ国語で歌いわけることが難しい部分もありましたが、楽しく歌うことができました。仕上がりを楽しみにしていてください。


チャンビン:『神之塔』は、NAVER WEBTOONで有名な作品だったため何度も見る機会がありましたが、僕たちStray Kidsがアニメ『神之塔-Tower of God-」のオープニング曲とエンディング曲を飾ることができるなんて光栄です。 是非、たくさん愛してください。


ヒョンジン:Stray Kidsのメンバーたちが漫画好きなので、よく『神之塔』は見ていましたが、そんな作品の主題歌を僕たちが歌えるなんて、不思議な感覚です。実際に、アニメ「神之塔-Tower of God-」がオンエアされるのを楽しみにしています。


ハン:『神之塔』は、韓国で本当に有名な作品なので、この作品のアニメのオープニング曲とエンディング曲を任されたと聞いて、本当に光栄に思っています。個人的にも、昔からアニメに関わる曲作りをやってみたかったので、実現できて本当に幸せです。また、今回3ヵ国語で、それぞれレコーディングしたので、これからたくさんの人々に聞いていただけると思うと幸せです。良い曲で皆さんの耳を幸せにするので、期待してください!


スンミン:僕たちStray Kidsが、アニメ『神之塔-Tower of God-』のオープニング曲とエンディング曲を歌わせてもらえるなんて、未だに信じられません。アニメの主題歌を担当するのは、初めての経験だったので凄く緊張しました。 喉の管理にしっかりと注意を払って、レコーディングに挑んだ事を今も鮮明に覚えてます。本当に良い曲に仕上がっているので、3カ国語で皆さんにお届けすることができると思うと、それもまた嬉しいです。たくさんの方々に聞いてもらいたいです!!


フィリックス:本当に楽しみです。アニメ『神之塔-Tower of God-』、早く見たいです!曲にもこだわっているので、是非注目していただけると嬉しいです。


アイエン:この話を聞いたとき、本当に不思議な気持ちでした。とても嬉しいです。特にエンディング曲が個人的には好きなので、是非楽しみにしていてください。


■NAVER WEBTOON NAVER WEBTOON事業部長 キム・シンベ(『神之塔』アニメーション Business Development Director)コメント
今回のグローバルプロジェクト・『神之塔』アニメーションにおけるオープニング/エンディング主題歌(日本語・英語・韓国語の3か国語)を担当するアーティストが「Stray Kids」に決定したことを非常に嬉しく思います。ようこそ、『神之塔』へ!
『神之塔』が長年のあいだ多くの読者に愛されてきた理由は、おそらく未知の世界への憧れ、恐怖に立ち向かう勇気、そして何よりも大切なものを守ろうとする主人公たちの心ではないかと考えます。
このような『神之塔』の世界観 が「Stray Kids」が紡ぎ出す、力強くもあり繊細なサウンド、そして魅力的な声とうまく調和し、大きなシナジーが生まれると信じています。

全世界21都市24公演を巡る、大規模なワールドツアー「Stray Kids World Tour 'District 9 : Unlock’ 」を開催中のStray Kidsは、1月29日のニューヨーク公演からスタートしていた全8都市を巡る北米ツアーを、2月16日のMicrosoft Theaterにて開催されたロサンゼルズ公演で無事完走。ロサンゼルズ公演では、「My Pace」や「MIROH」、「LEVANTER」などの人気曲を含む全24曲の熱いパフォーマンスを披露。会場に集まったファンたちは、割れんばかりの歓声でメンバーたちを迎え、ライブは大熱狂のうちに終了。MCでリーダーのバンチャンは、「これからも成長していくStray Kidsに期待していてください。また、すぐ戻ってくるから待っていてください!」と流ちょうな英語で締めくくった。
ワールドツアーの日本公演として3月と8月に大阪・横浜にて開催される「Stray Kids World Tour 'District 9 : Unlock’ in JAPAN」の開催も決定しているStray Kids。
本日2月18日(火)より、3か月連続先行配信の第2弾「Double Knot -Japanese ver.-」の配信もスタート! 日本デビューにむけ、いよいよ活動を本格化させる彼らから目が離せない。
なお、3月18日(水)発売のDebut Best Album 『SKZ2020』購入者限定イベントが、4月4日(土)はインテックス大阪、4月5日(日)には東京ビッグサイト青海ホールにて実施されることも決定している。

(C)Tower of God Animation Partners


この記事の画像一覧 (全 3件)