F6、バレンタインライブに2000人集結 “理想の本命チョコの渡され方”を告白&再現

音楽 公開日:2020/02/11 14
この記事を
クリップ

舞台「おそ松さん on STAGE~SIX MEN S SHOW TIME~」シリーズより派生した人気ユニット「F6(エフシックス)」が11日、都内の東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにてバレンタインミニライブを開催し、会場に約2000人のファンが駆けつけた。

「F6」はテレビアニメ「おそ松さん」に登場した“イケメンバージョン”の6つ子のことで、舞台ではF6 おそ松役を井澤勇貴、F6 カラ松役を和田雅成、F6 チョロ松役を小野健斗、F6 一松役を安里勇哉、F6 十四松役を和合真一、F6 トド松役を中山優貴がそれぞれ演じている。


定刻の午後4時となると「寒くなんかねーぞ!」という叫びとともに6人が屋外のライブ会場に登場。舞台「おそ松さん on STAGE SIX MEN S SHOW TIME 3~」で披露した新曲『Fo6ow YourDreams!!!!!!』をはじめ、『プレシャス・アセット』『Magic Night Satisfaction』と全3曲をパフォーマンス。集まったファンとのコール&レスポンスで大盛りとなった。




▼メンバーソロカットを見る

トークコーナーでは、まもなくバレンタインとあって「どんなシチュエーションでチョコをもらったら嬉しいか」というお題が出された。井澤が「F6としてじゃなくてもいい。和田はどう?」と振ると、和田は「校内食べ物禁止の学校で、俺は先生。女の子がチョコを持っていて『チョコだめじゃん』って言うと、『没収してください』って渡されたい」と願望を告白。井澤は「なにそれドラマじゃん!それでいいじゃん!」と完璧な設定に驚いていた。


安里が「ラクーアの遊園地で、乗っているジェットコースターが上に上がっている時に『これ』って渡してほしい」と話すと、ほかのメンバーから「迷惑だよ」と総ツッコミ。すると「それやってよ」と安里の理想のシチュエーションを再現することに。チョコを渡す役として指名されたのは和田。「ジェットコースターに並ぶところからやる?」とほかの乗客や遊園地のスタッフ役と細かい設定も用意され、和田は嫌がりながらも安里とともに寸劇を披露して会場を笑わせた。




また、中山が理想とする「チョコを手作りで渡したい人がいるんだけど一人じゃ作れないから手伝って言われて、完成したら『はい』って渡されたい」というシチュエーションも同じく再現。女の子役は和合が任され、2人でコント風に表現。その様子を見た和田は「もっと寒くなったわ……」とげっそりだった。


「F6」は、2月22日より2度目となるライブツアー「FANTASTIC ECSTASY」スタート。東京、大阪、沖縄を巡る予定だ。井澤は「2ndライブツアーは、前回を遥かに超えるものになる。衣装、演出面は前回出来なかったことをできるように頑張っている。僕たちが培ったものを皆さんに披露できるように努力して、頑張ります。ぜひ見に来てください」と期待たっぷりに予告。そして最後は「ハッピーバレンタイン!」と手を振り、締めくくった。


■F6 2nd LIVEツアー 「FANTASTIC ECSTASY」2/22(土)~東京・大阪・沖縄にて開催
©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2020

この記事の画像一覧 (全 44件)