『関ジャム』出演で話題の大橋トリオ、新曲を先行配信

音楽 公開日:2020/02/10 6
この記事を
クリップ

大橋トリオが、昨日2月9日(日)放送のテレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」“蔦谷好位置が絶賛!ライブで観てほしいアーティスト特集”でスタジオに登場した。
蔦谷好位置の人生のベスト10に入る曲に「Lady」に選曲され、「間違いなく、この場所はいま、日本でいちばん美しい世界だった」と大橋のパフォーマンスを絶賛し、出演者を魅了した。大橋トリオの魅力に迫る内容で、Apple Musicの検索トレンドやTwitterのトレンド入りを果たした。


そして、同日深夜のフジテレビ系「Love music」ではKing Gnu 新井和輝(Ba.)が“最近聴いているアーティスト”で大橋トリオの名前が上がり、大きな話題となっている。




話題となっている楽曲「Lady」は、2月19日(水)発売ニューアルバム「This is music too」にバンドアレンジ「Lady (2020)」として収録され、また、【初回生産限定盤】DVD/Blu-rayに収録されているソールドアウト公演のTHE PRETAPORTERSを迎えた豪華編成でのスペシャルライブ「ohashiTrio & THE PRETAPORTERS YEAR END PARTY LIVE 2019」NHK Osaka Hallライブ映像としても収録される。現在、大橋トリオ オフィシャルYouTube Channel・各音楽配信サービスでも先行配信中。そして、アルバムリード曲となる新曲「LOTUS」を2月12日(水)に先行配信することが決定した。
自身の楽曲「マチルダ」、「VENUS」に代表されるタイトなグルーブが最高に格好いいロック感溢れるサウンドとなっている。
大橋トリオの通算14枚目となるオリジナルフルアルバムとなる「This is music too」は、 良質で普遍的な音楽アプローチで彩った『THUNDERBIRD』から1年、音楽の原点といえる70年、80年の音楽興隆期のバンドサウンドをベースに更に音楽家としての深みを探求した作品に。
「LOTUS」に始まり、70'sのSoul Funkを彷彿とさせるメロウグルーブが全開の「ポラリス」、サウンドの美しき探求に満ちた「LIFE」、極上のメロディーとサウンドに引き込まれる「青月浮く海」など多彩な音楽キャリを重ねた大橋トリオならではの楽曲が詰まっている。
また「Let us go」、「Ways and scenes」(作曲:Akiko Higashikawa)や「quiet storm」(作詞曲:Ray Kondo)など、今までにないメロディーの楽曲も斬新で、昨年でリリースから10年となった名曲「Lady」のバンドアレンジとなる「Lady (2020)」も収録され大橋トリオの声の魅力やサウンドが更に広がったアルバムに仕上がった。  
なお、全国ホールツアー「ohashiTrio HALL TOUR 2020」の開催が決定しており、2020年3月12日(木)神奈川・関内ホールを皮切りに、4月29日(水・祝)東京・NHKホールまでの全11会場を回る。ニューアルバムの初回盤特典として、本ツアーの【Meet&Greet】が当たる応募シリアルが封入されるので合わせてチェックしよう。チケットは一般発売中となっている。




■最新アルバム情報
タイトル:This is music too
発売日: 2020年2月19日 (水)
全曲配信日:2020年2月18日 (水)
「LOTUS」先行配信:2020年2月12日 (水)
「ポラリス」「Lady (2020)」先行配信:2020年2月5日(水)

この記事の画像一覧 (全 3件)