新田真剣佑 名曲をカバーしたシングル解禁、ショート・ビデオも公開

音楽 公開日:2020/02/06 9
この記事を
クリップ

新田真剣佑によるザ・チェインスモーカーズ「クローサー」史上初オフィシャル・カヴァー・シングルが2月6日解禁された。

全世界でのトータル楽曲再生数260億回を突破し、2019年8月には経済誌フォーブスが発表する「世界で最も稼ぐDJランキング ‘19」にて初の1位に輝くなど、正に人気と実績を兼ね備え現ダンス・シーンでトップに君臨するザ・チェインスモーカーズ。

いよいよ2月19日(水)に発売となる待望の最新アルバム『ワールド・ウォー・ジョイ』日本盤CDに先駆け、”LA出身の注目俳優”新田真剣佑によるザ・チェインスモーカーズ史上初の全米シングル・チャート12週連続1位を記録した名曲「クローサー」オフィシャル・カヴァー・シングル「クローサー (トーキョー・リミックス)」が解禁となり、iTunesでは同シングルを即ダウンロードできるアルバム予約もスタート。また、ソニー・ミュージックジャパン公式YouTubeでは同シングルのショート・ビデオも公開された。

通算3枚目となる今作『ワールド・ウォー・ジョイ』には、「フー・ドゥー・ユー・ラヴ feat. ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー」、「コール・ユー・マイン feat. ビービー・レクサ」、「テイクアウェイ feat. イレニアム&レノン・ステラ」、「ファミリー with カイゴ」など、2019年2月以降各界を代表する様々なアーティストとコラボしリリースした”エモ系”ダンス・ポップ・サウンドを完全網羅。

また、日本盤ボーナス・トラックとして収録される「クローサー (トーキョー・リミックス)」は、兼ねてより日本でのコラボ相手を探していたザ・チェインスモーカーズからオファーをし実現。ザ・チェインスモーカーズの名曲「クローサー」を新田真剣佑が日本語×英語MIXのJapanglish ver.で歌った同シングルは、ザ・チェインスモーカーズにとって初のオフィシャル・カヴァー・シングルであり、日本人アーティストとのコラボも今回が初となる。




同コラボについて新田は「(クローサーは)誰もが知っている曲で誰もが一度は聴いたことのある曲なので、それをどう歌えばいいんだろうということをとても考えました。今回1番を日本語で、2番を英語で歌わせて頂き、自分の中で(日本語と英語を)ミックスして歌うことが新しかったのですが、とても楽しませて頂きました。「クローサー」の新田真剣佑ヴァージョン、ぜひ楽しみにしていて下さい。」とコメント。

ザ・チェインスモーカーズが創り出すエモーショナルでありながらもポップなメロディーに乗せた新田ならではの美声により、「クローサー」の新たな魅力が存分に引き出された楽曲に仕上がった「クローサー (トーキョー・リミックス)」、そして同シングルが収録されたザ・チェインスモーカーズ最新作『ワールド・ウォー・ジョイ』日本盤は必聴だ。


新田真剣佑 宣材写真©曽根将樹(PEACE MONKEY)©Ray
レコーディング写真:フォト(C)Masanori Naruse



この記事の画像一覧 (全 6件)