待望の1stアルバム発売のFANTASTICS、お互いの呼び名や“メンバーだけしか知らない”秘密を明かす

音楽 公開日:2020/02/10 60
この記事を
クリップ

――MVはどのような仕上がりになっていますか?


堀「今回の振付は世界さんが担当しました。世界さんが、ライブでみんなが手を振っているところをイメージした、と言っていました。構成も定位置をつくってパフォーマーがボーカルを円で囲む形にしていて、今回もともと翔太くんがいた時の定位置でもパフォーマンスをしました。いままでその定位置でパフォーマンスしたMVはなかったので、初の試みとなりました。振りも覚えやすいので、ファンの方も僕らと一緒に踊っていただけると思います。」



――今回、初のアルバムということで、これを聴けば、FANTASTICSの軌跡がたどれるような作品になっているのではと思います。皆さんがアルバムに収録されている曲で思い入れのある曲はありますか?


瀬口「『Can't Give You Up』が好きですね。なかなかFANTASTICSでこういう曲をやるのことはなかったので、最初は驚きでした。ライブでも絶対必須の曲ですし、トラックもかっこよく、みんなでアツく燃えるような感じが好きです」



澤本「僕の思い入れがある曲は『Dear Destiny』ですね。この曲は僕が振付させていただいて、MVの出来上がった映像をみると、振付してよかったなと思うし、バラードのMVが初めてだったので、今までにないFANTASTICSを表現できてよかったなと思っています。曲も個人的に好きなので、この曲が一番思い入れ深いです」


木村「僕はメジャーデビュー曲の『OVER DRIVE』ですね。初めてのオリジナル楽曲がこの曲だったので、最初の曲ということもあり、思い入れが強いです」


中島「最新の曲なのですが『Tarte Tatin』。先輩のSHOKICHIさんに作曲していただいた曲で、すごく明るい曲で、初めて聴いた方も乗りやすい曲。僕たちらしく、いつ聴いても爽やかな気持ちになる曲なので、ぜひ聞いてください」


八木「僕は『Believe in Love』です。この曲はリーダーの佐藤大樹くんが主演の"4月の君スピカ"の主題歌にも選んでいただいた曲なのですがFANTASTICSになってから初めてのバラード曲でして歌詞を心から理解してメロディに起こしてレコーディングをしてたので凄く印象に残ってる一曲です!!」



堀「僕は『ターミナル』。曲自体はすごく爽やかですが、歌詞の内容が夢を追いかけて上京してきた子が地元に戻る時の気持ちや情景を表していて、僕も愛知県から夢を追いかけて上京してきたので、歌詞が自分とリンクします。振付もすごく好きで、ライブでも上京組みの黎弥くんと澤夏くんと3人だけでパフォーマンスしたこともあります。」


――3月28日からアリーナツアーも始まりますが、それに向けて準備していることや楽しみにしていることはありますか?


中島「単独ホールツアーで経験したことをふまえ全然違うFANTASTICSをみせていきたいです。他にもホールツアーでは2番を披露できていない曲もあるので、そこをどう披露していくかを考えています」


堀「アリーナツアーは会場が広くなり、演出の幅もすごく広くなるので、それを楽しみにしています。先輩方もアリーナツアーだと驚くような仕掛けをしているので、僕たちもそういう演出をやってみたいです」


――アリーナツアーは、『LDH PERFECT YEAR 2020 SEASON2 IMAGINATION』としての公演でもありますが、『PERFECT YEAR』の意気込みも教えてください

八木「所属アーティストの皆さんが日本中をまわってパフォーマンスをしていくのを、少しでも盛り上げていきたいですし、Jr.EXILE世代が中心となった活動などもまたあると思うので、そういったことからもFANTASTICSが盛り上げて、沢山の方に元気を与えられるような一年にしたいです」

2/4ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)