M!LK 7人最後のステージ、涙と笑顔で“新たな門出”を祝福

音楽 公開日:2020/02/01 16
この記事を
クリップ

メンバーそれぞれが俳優としても活躍する7人組ボーカルダンスユニットのM!LKが、1月31日にワンマンライブ『7人7色~Winding Road~』を豊洲PITで開催した。この日をもってメンバーの板垣瑞生と宮世琉弥がグループを卒業するということで、7人最後のステージを見届けようと、会場にはキャパシティMAXとなる3000人のみ!るきーず(M!LKファンの呼称)が詰めかけて超満員に。結成から5年の歴史を辿りつつ、終盤には5人組となったM!LKのパフォーマンスと新曲も披露して、それぞれの新たな門出を涙と笑顔で祝福した。




2018年の夏に新メンバー3人を迎え、同年11月には7人組となって初のワンマンライブを、この日と同じく豊洲PITで行ったM!LK。7人にとっての“始まりの地”で7人のM!LKを締めくくるというだけでも運命的だが、スモークの中からメンバーが登場して1曲目の「ハロー!」が贈られると、ひと際大きな歓声が場内から湧き起こる。7人初ワンマンと同じ曲での幕開けに、一瞬、時計が巻き戻ったかのような錯覚を覚えるが、ポップで朗らかな中にも強い意志を感じさせる密度の濃いパフォーマンス、何より笑顔を交し合う7人の心許し合った様子に確かな時間の経過を実感。佐野勇斗の「最後だぞ!」という檄に、「Brave Saga」では高々とペンライトを振り上がるフロアからコールの大合唱が起きて、早くも場内は熱狂の嵐だ。

「7人最後のライブです、しっかりと目に焼き付けてください!」という山中柔太朗の挨拶で始まった7人体制の第一弾曲「Over The Storm」では、引き締まった歌とダンスで、この2年の成長をアピール。ジャングルの生き物たちの鳴き声をフィーチャーしたコミカルな「ジャングリズム」も、シャツを捲り上げて素肌を見せる“お色気担当”の宮世を筆頭に、各メンバーのソロダンスを織り交ぜたアレンジでグッとクールかつワイルドに印象を変えてみせる。エキゾチックにトリッキーな「MAGIC CARPET」でも、曽野舜太が大笑いの直後に投げキスで沸かせたりと、これまでになく大人な振る舞いで魅了。この7人になってからの楽曲が、M!LKというグループの幅を大きく広げたことを証明する。

「今日は3千人の方が来てくださって、メチャクチャ景色が綺麗です」とリーダーの吉田仁人がペンライトで輝くフロアを感慨深げに眺めると、「次はM!LKのすべてがギュッと詰まったメドレーとなっております!」という塩﨑太智のMCから、デビュー曲「コーヒーが飲めません」を皮切りに、歴代のシングルを発売順に次々投下。2枚目の「反抗期アバンチュール」で“まだまだ子供なの”(曽野)と歌っていた彼らはグングン成長して、「新学期アラカルト」では7人の名前を場内の3千人と大合唱し、佐野のシャウトで始まった6枚目の「テルネロファイター」では、ペンライトを振りたくるみ!るきーずのコールと共にロックなエモーションを大爆発させる。かと思えば、昨年リリースの「かすかに、君だった。」ではメ白から黄色、赤、青と色を変えるバックモニターと共に鮮やかに表現。「これだけたくさんの曲を出せたのも、ここにいるみ!るきーずのおかげ」と塩﨑が感謝すれば、板垣も「この10分では表現できない感動をこれまでみんなと体験してきたと思う」と漏らし、吉田は「全部いい曲なんだよね。だから、これからもずっと歌い続けたい」と嬉しい言葉をくれた。

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 41件)