BTS、グラミー賞でリル・ナズ・Xらとパフォーマンス「ステージに再び立てて光栄」

音楽 公開日:2020/01/27 9
この記事を
クリップ

BTSが‘グラミー賞’で韓国アーティストとして初めてパフォーマンスを披露し、新しい歴史を刻んだ。
 BTSは26日(以下現地時間)アメリカ・ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催された‘第62回グラミー賞(62nd GRAMMY AWARDS)’でパフォーマーとして参加した。
この日BTSはビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)、ディプロ(Diplo)、リル・ナズ・X(Lil Nas X)、メイソン・ラムジー(Mason Ramsey)などと一緒に「Old Town Road All-Stars」ステージを披露した。
 
都市の夜景と韓国語LED画面を背景にBTSがいる韓国・ソウルにリル・ナズ・Xが会いに来たようなステージの演出が目立ち、BTSの余裕あふれるライブとステージマナーが客席を盛り上げた。曲の後半にコラボした全アーティストが集まって仕上げたパフォーマンスは人種、年齢、言語などを飛び越えるダイバーシティを象徴するステージで全世界の注目を集めた。
これでBTSはアメリカ・レコーディング・アカデミー(The Recording Academy)が主催する最高権威の授賞式である‘グラミー賞’に2年連続参加し、グローバルアーティストとしての位置づけを再び立証した。昨年韓国アーティストとして初めて‘グラミー賞’授賞式でプレゼンターとして登壇したことに続き、今年は本授賞式ステージでパフォーマンスを初めて披露した韓国アーティストという記録を立てることになった。




ステージを終えたBTSメンバーは所属事務所を通じて“昨年プレゼンターとして参加し、必ず帰ってくると言っていましたが、現実になるとは夢にも思わなかった。当時アーティストの皆さんのステージを見ながら僕たちもステージに立ちたいと思っていたが、願っていたことが叶えて本当にうれしい”と感激の感想を伝えた。そして“昨年‘グラミーアワード’から始まり、本当に完璧な1年だったが、2020年も良いスタートがきれた。ファンタスティックなコラボステージでこの場にまた来ることができて光栄だ。‘グラミー賞’のステージはすべてのアーティストの夢だが、その夢に届いたということ自体が本当にありがたいし、幸せだ。僕たちをこの場に来させてくれたARMYの皆さんに感謝する”と述べた。

なお、BTSは28日アメリカCBS‘レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン(The Late Late Show with James Corden)’で4thアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」の先行配信曲「Black Swan」のステージを初公開する。

Photo by Big Hit Entertainment

この記事の画像一覧 (全 2件)