amazarashi、2年ぶりのオリジナルフルアルバムをリリース

音楽 公開日:2020/01/24 4
この記事を
クリップ

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンドamazarashiが3月11日に2年ぶりとなるオリジナルフルアルバム「ボイコット」のリリースを発表した。また併せて新しいアー写も公開された。




前作、2017年12月「地方都市のメメント・モリ」発売以降、初の武道館公演「朗読演奏実験空間 新言語秩序」の開催、アニメ「どろろ」のED「さよならごっこ」、
横浜流星など、人気俳優を起用して話題となったMV「未来になれなかったあの夜に」のリリースなど精力的に活動する中、新たなamazarashiの詩世界が提示される。
初回生産限定盤A、初回生産限定盤B、通常盤の3形態でのリリースとなり、14曲の楽曲が収録される予定。初回盤にはオリジナルの映像コンテンツの他、MV、
年末に出演したライブ映像が収録される他、秋田ひろむの過去を綴る小説が特殊ブックレットに封入される予定となる。詳細は決定し次第、発表される。


≪リリース情報≫
amazarashi NEW FULL ALBUM
ボイコット
2020.03.11 Release.



【amazarashi Profile】
青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。
日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、
「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前に
スクリーンが張られタイポグラフィーや映像が映し出される独自のスタイルを展開する。

関連タグ