香取慎吾、初のソロアルバムが週間チャート4冠達成

音楽 公開日:2020/01/08 15
この記事を
クリップ

香取慎吾が2020年1月1日元日にリリースした初のソロ・アルバム『20200101』(読:ニワニワワイワイ)が、4冠を達成した。

1/13付「オリコン週間合算アルバムランキング」「オリコン週間アルバムランキング」、ならびに2020年最初となる1/13付ビルボード週間アルバム・セールス・チャート「Top Albums Sales」「Hot Albums」で1位を獲得し、週間ランキング4冠を達成。




本作品は、フィーチャリングアーティストとしてBiSH、氣志團、KREVA、SALU、スチャダラパー、須田景凪、SONPUB&向井太一、TeddyLoid&たなか、WONK、yahyelと、香取慎吾がコラボレートした全12曲入りのアルバムで、2020年代に発売される全てのアルバムで最初のウィークリーランキング1位獲得作品となる。

また、2020年4月29日(水・祝)に、さいたまスーパーアリーナ[スタジアム・モード]での初のソロ・コンサート「20200429 PARTY!」」の開催を発表し、チケットの先行予約を開始した。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)