AI、大沢たかお主演『AI崩壊』主題歌の映画版MVが解禁

音楽 公開日:2019/12/26 6
この記事を
クリップ

デビュー20周年を迎え、本格的に20周年イヤーに突入したAI(アイ)。大沢たかお主演、監督脚本入江悠の2020年に見るべきサスペンス超大作『AI崩壊』の主題歌「僕らを待つ場所」の映画版ミュージックビデオが解禁された。

映画『AI崩壊』の舞台はAIが私たちの生活に普及した10年後の日本が舞台。大沢演じるAI開発者の桐生浩介が開発した医療AI<のぞみ>が突如暴走を始め、人間の生きる価値を選別し殺戮を開始する。桐生はAIを暴走させたテロリストに断定され、日本中から追われることになる…。サスペンスフルな展開で観る者を引き込んでいく本作だが、入江監督をはじめ主演・大沢たかおらキャストと製作陣が目指したのは、ハリウッド映画に負けない緻密な<人間ドラマ>を描くこと。




この度、公開された映画版のミュージックビデオでは、AI暴走による未曾有の大パニックに陥った背景にある人間ドラマをAI(アイ)の魂のこもった歌詞と歌声により、心の奥底にある家族への想いを表現している。さらに、映画版ミュージックビデオは映画のエンドロールを見ているかのような構成となっており、楽曲と映像の余韻を感じることができ、観るものの心を揺さぶられる事は間違いないだろう。AI(アイ)はこの楽曲について「この曲は、映画のイメージとはあえて逆に温かく生の声を伝えたかったので機械的な音を避けました。
この曲を歌う時に感情的になってしまい、今までで一番泣いたかも。どんな人でも生まれたところがあって大事な場所があって大事な人がいたりする。そんな思いを持って聴いてもらいたいです。」と思いを語っている。

この「僕らを待つ場所」は2020年1月14日にデジタル配信ことが決定し、そのジャケット写真とアーティスト写真も公開された。その配信に先立ち、2020年1月1日より、Apple Music Pre-Addキャンペーンも決定。1月1日(水)0時より予約受付がスタートするAI(アイ)「僕らを待つ場所」を、Apple Music Pre-Add(ライブラリへ先行追加)していただいた方に、抽選で映画『AI崩壊』ジャパンプレミア招待など豪華な特典が当たる。
入江悠監督が手掛けた2017年上半期最大のヒットを記録した『22年目の告白-私が殺人犯ですー』を超える怒涛の展開で観るものを圧倒する“絶対に観るべき1本”『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国公開となるので、主題歌「僕らを待つ場所」と合わせて、絶対に見逃せない。

AIは、2020年1/26(日) Zepp Fukuokaを皮切りに「JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by 日本セーフティー」で、各会場ごとに、iri、ビッケブランカ、ベリーグッドマン、SIRUP、TENDREといった注目の若手アーティストと共に5大都市をまわっていく。
20周年イヤーはまだ始まったばかり、2020年のAIの活動からも目が離せない。


■『AI崩壊』
2020年1月31日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019映画「AI崩壊」製作委員会


AI「僕らを待つ場所」~映画『AI崩壊』Ver.~ミュージックビデオ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)