BOYS AND MEN、祭nine.ら総勢29名が集結「ボイメン学園 文化祭」大盛況で終演

音楽 公開日:2019/12/24 3
この記事を
クリップ

東海地方出身・在住の男性9人で構成されたエンターテイメント集団“ボイメン”こと、BOYS AND MENや、ボイメンと同じ事務所に所属する祭nine.やBOYS AND MEN 研究生、エリア研究生の総勢29名がパシフィコ横浜に集結、「ボイメン学園 文化祭」と題したイベントを12月21日に開催。まるでリアルな学園祭風のライブパフォーマンスを披露した。





見どころは、グループの枠を超えてメンバー編成された各部の出し物。ダンス部やアクション部をはじめ、落研部や合唱部など、それぞれの得手不得手を超越した、部活企画やライブ。意外な才能を発揮するメンバーに驚く場面だけでなく、抱腹絶倒のシーンなどが飛び出し、BMKのメンバーである米谷恭輔は、「いろんなメンバーのいろんな一面を垣間見ることができて、充実した1日でした」とコメント。

イベントの後半は、シャッフルによる歌唱ライブ。ボイメンのヒット曲「帆を上げろ!」や祭nine.の「がってんshake!」などを熱唱。ラストは、メンバーの知らない重大発表をモニターにて告知。その重大発表とは、来年3月、ボイメン、祭nine.、BMK総出演による舞台(タイトル『ボイメンステージ!諦めの悪い男たち NEVER SAY NEVER!」』が「東池袋サンシャイン劇場」にて開催されることが発表された。思わぬサプライズに、会場に駆けつけた4,500人も歓喜にわいた。

今月25日にはBOYS AND MENは『ガッタンゴットンGO!』をリリース。同曲は、現在公開中の映画、劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』の主題歌。

なお、本イベントは12月26日に動画配信サービス『Paravi』にて独占配信される。



   


   


   


   

この記事の画像一覧 (全 25件)