YOSHIKI “YOSHIKISS”として紅白出場決定、伝説のロックバンドKISSと夢の共演

音楽 公開日:2019/12/15 6
この記事を
クリップ

12月15日にNHKで行われた記者会見にて『第70回NHK紅白歌合戦』にYOSHIKIが出場することが発表され、 伝説のロックバンドKISSと共にYOSHIKI feat. KISS <YOSHIKISS>として登場することが明らかにされた。

今月11日に、 KISS最後のワールドツアー“END OF THE ROAD WORLD TOUR”の東京ドーム公演にYOSHIKIがサプライズ出演し、『Beth』でピアノを演奏、 『Rock and Roll All Nite』ではドラムを叩き、 共演を果たした。

YOSHIKIとKISSの縁は、 1994年に発売されたKISSのトリビュートアルバム『KISS MY ASS』に、 YOSHIKIが『Black Diamond』のプロデューサーとして参加して以来の親友だという。




KISSが記念すべきラストツアーのステージにYOSHIKIを招き、 今度はYOSHIKIが日本の歴史ある『紅白歌合戦』に彼らを招くという、 本人達同士の深い繋がりがあるからこそ実現した夢のコラボレーション。 昨年のサラ・ブライトマンに続き、 今年もKISSという世界的アーティストを招くという、 YOSHIKIにしかできない偉業は、 紅白の知名度を世界に広げることに大きく貢献している。

今回、 自らの夢の原点ともいえる彼らと『紅白歌合戦』でタッグを組み、 特別枠で共演することとなったYOSHIKIは会見で、 「頑張って生きていれば良いことがあると思いました。 毎年紅白では“何か”をやらかしているので、 かなりショッキングなステージになると思います。 やるからには、 大きなインパクトを残すパフォーマンスをお見せします」と語った。 また、 KISSのジーン・シモンズは「世界中で一番好きな国のNHKというテレビ局に出演することができて光栄」とコメントした。

さらにジーンはYOSHIKIに対し「YOSHIKIは日本のレジェンドなのに謙虚な心を忘れない。 仕事に対する謙虚な姿勢に影響を受けた」。 そして、 ポール・スタンレーは、 「YOSHIKIはピアニスト、 そしてドラマーとして素晴らしいのは当然のこと、 それ以外にも生きることの大切さを発信し続けていて、 僕らも影響を受けています」と絶賛した。  

YOSHIKIの『紅白歌合戦』出場は、 2015年以来今回で5年連続となる(X JAPANとしての出場を含む)。 2016年にはゴジラを倒し、 2017年は首頸椎の手術後初のドラムプレイ、 そして昨年は、 白組では“YOSHIKI feat. HYDE”として『Red Swan』でドラムを叩き、 紅組ではサラ・ブライトマンをボーカルに迎えた『Miracle』でピアノを奏でる…という番組史上初の両組出演を果たした。

X JAPANとしてトータル8回の出場に加え、 今回YOSHIKIとしては2回目の出場となる。

YOSHIKIにとってKISSは、 ロックに目覚めるきっかけであり、 少年期に父親の死に直面した際、 心の支えとなったバンド。 彼らによってロックの扉を開かれたYOSHIKIは、 今や世界を舞台に活躍するロックスターに成長した。

そんなKISSの日本ラストパフォーマンスに華を添えるYOSHIKIの恩返しとも言える演奏は、 単なる共演の枠に収まらず、 まさに見る者に夢を見続けること素晴らしさを伝えるものとなるだろう。

この記事の画像一覧 (全 3件)