中川翔子 ゲスト出演を5秒で即決、人気歌い手も驚き隠せず

音楽 公開日:2019/12/02 1
この記事を
クリップ

高音出したい系男子としてハイトーンボイスを武器に絶大なる人気を誇る歌い手、ウォルピスカーター。彼がパーソナリティを務めるラジオ番組NACK5「ウォルピスカーターの社長室からお送りします。」にて、先週土曜日、ゲストとして登場した中川翔子に対し、ウォルピスカーターが冗談半分で「1/26(日)@豊洲PITのワンマン追加公演にゲストとして出てくれませんか」と懇願したところ「はい」と即答。本人も驚きを隠せない中、中川翔子のゲスト出演がその場で急遽決定した。

そもそも2人は、明後日12/4(水)に発売される中川翔子の約5年ぶりとなるオリジナルアルバム『RGB ~True Color~』のなかの1曲『ある日どこかで』をウォルピスカーターが作曲・編曲コラボしたことがきっかけで交流が始まり、今回のラジオゲストが決まった。中川からのオファーで実現した楽曲コラボだが、元々ウォルピスカーターがリスペクトをしていたこともあり、マネージャーからその第一報を電話で受けた時「中川翔子って、あの中川翔子さんですか?」と理解するのに時間がかかったという。また、レコーディングにて初対面の時は、本人がこう語っている。


(引用)
 僕の中で中川翔子さんは、テレビの中の存在で、スタジオでお会いした時にまず『本物だ…』と言葉が出ませんでした。そんな僕を見ながら、中川翔子さんはまるで僕の胸の内を見透かすように「本物だ…」と言い、遅れて僕も「本物だ…」と、やっとのことで言ったのです。きっと僕の緊張をほぐそうとしてくださったのでしょう。




中川翔子がスペシャルゲストとして登場する1/26(日)ワンマンLIVE『2019年度 ウォルピス社 ”大”株主総会』追加公演は、10/27にも同じ豊洲PITにて行われ、発売と同時にチケット完売したことを受けての追加公演となっている。ライブでは歌はもちろんのこと、幕間では寸劇やトークショーを入れるなどバラエティに富んだ内容で、満員の観客を大いに沸かせている。追加公演といえど、前回とは違う新たな仕掛けを企画中とのこと。さらに中川翔子の出演もあって、何かの化学反応が起こりそうで楽しみだ。まだ若干数チケットがあるとのことでぜひチェックしてみよう。

■ライブ情報
ワンマンLIVE『2019年度 ウォルピス社 ”大”株主総会』追加公演
2020/1/26(日)@東京・豊洲PIT
16:00 開場 / 17:00 開演
スタンディング ¥4,620(税込)

カメラマン:Yuta Ito

この記事の画像一覧 (全 5件)