GENERATIONS 女性ダンサーと抱き合い…「Mステ」で黄色い悲鳴

音楽 公開日:2019/11/22 27
この記事を
クリップ

昨日デビュー7周年を迎えたGENERATIONS from EXILE TRIBE。デビュー8年目の初日はテレビ朝日「ミュージックステーション」に出演し、ニューアルバム収録の『DREAMERS』と『One in a Million -奇跡の夜に-』のスペシャルメドレーを披露、新曲『One in a Million -奇跡の夜に-』はTV初歌唱となった。




『One in a Million -奇跡の夜に-』では7名の女性ダンサーとコラボし、真っ赤な傘を使った演出を披露、曲の最後に各メンバーが女性ダンサーと抱き合いながら傘の裏に隠れると、スタジオに集まった観覧者からは黄色い悲鳴が上がった。

Twitter上でも「演出めっちゃいい」、「終わりのビビった」、「男らしくみえる」、「カッコいいし、美しい」、「キュンキュンした」と話題になっており、曲の略称”ワンミリ”がTwitterトレンド入りした。

NHK紅白歌合戦の初出場も決定し、ますます勢いにのるGENERATIONSに注目だ。

この記事の画像一覧 (全 2件)