倖田來未、初の歌詞提供“次世代”FAKYに託した楽曲は「LIVE一曲目に」

音楽 公開日:2019/11/22 4
この記事を
クリップ

5人組ガールズ・ユニオンFAKYの最新曲、『NEW AGE』が本日11月22日(金)より、配信開始した。




今回、リリースされた『NEW AGE』はダンスシングル3部作の最後を飾る楽曲。3部作の共通コンセプトである「ガールズパワー」の根源は「強い女性の美しさ」にあるが、最もパワフルな今作は、FAKYの新たな代表曲となり得るパーティー・アッパーチューンとなった。

そして今作は、倖田來未が「キャリア初」となる作詞提供をおこなった。倖田來未とFAKYは所属レーベル・Rhythm ZONEの先輩/後輩にあたる関係。メンバー自身かねてより"倖田來未の大ファン"を公言しており、つい先日も現在開催中のツアーの仙台公演をメンバー全員で観覧した様子がInstagramに投稿され話題となっていた。

女性ソロアーティストとして常に時代を牽引し続ける倖田來未。彼女が「次世代=NEW AGE」のFAKYに託した力強く疾走感溢れる歌詞が、彼女たちのガールズパワー・スピリットをさらに加速させている。

着々とパワーアップを続け、観るものを虜にするFAKYが、世界を相手に轟かせるは、新たな時代の到来。開口一番の「It's a NEW AGE」で幕を開ける。

FAKYの最新曲『NEW AGE』は各ストリーミングサービスで本日より聞くことができる。また、『NEW AGE』のミュージックビデオは、11月29日(金)にYouTubeにて公開予定だ。


<倖田來未コメント>
この度、FAKYの新曲『NEW AGE』を作詞提供させて頂きました!作詞提供させて頂くのは、自分自身初めてのことなのですが、作詞提供させて頂く機会を頂き光栄です。楽曲を聞いた最初の感覚で、FAKYがLIVE一曲目にこの曲をパフォーマンスしている姿が浮かび、メンバーをイメージしながら書けたので、書きやすかったです。MVもとってもかっこよかったです!!これからも進化を続けるFAKYを私も応援していきたいと思います!

この記事の画像一覧 (全 2件)