CIXが初の単独来日公演開催、ドキドキの連続にファン大興奮

音楽 公開日:2019/11/18 4
この記事を
クリップ

5人組ボーイズグループCIX(シーアイエックス)が、初の単独来日公演『CIX JAPAN DEBUT SHOWCASE “Complete In X”』を11月10日の東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)、11月17日の大阪・Zepp Nambaで計4公演開催。17日の大阪最終公演では、前日の16日に韓国の人気放送アプリ「V LIVE」の新人賞『V LIVE GLOBAL ROOKIE TOP 5』を受賞したことへのお祝いサプライズと、<2020 We’ll be back>という嬉しい予告も飛び出して、デビューショーケースを大成功で終えた。

CIXは、BX、スンフン、べ・ジニョン、ヨンヒ、ヒョンソクという平均年齢19歳の5名からなり、グループ名は、未知数の5人のメンバー集まり完成される…という“Complete In X=未知数の完成”に由来する。
韓国で数々の記録を打ち立ててきた人気グループWanna One出身のべ・ジニョンに、人気オーディション番組に出演していたBX、スンフンなどが所属することがデビュー前から大きな話題となり、7月23日に1st EP ALBUM『HELLO Chapter 1. Hello, Stranger』をリリースするや、デビューわずか1週間にもかかわらず、リード曲「Movie Star」で音楽番組で1位を獲得したという、注目の新星グループだ。




10月23日には、1st EP ALBUMの日本盤となる『HELLO Chapter 1. Hello, Stranger(1st EP) [Japanese ver.]』をリリースし、11月10日と17日に初の日本単独公演となるデビューショーケースが開催された。
17日の大阪公演は、スタンディングのライブハウスということで、とにかく距離が近くファンも大興奮。客電が落ち、イントロダクションとなるメンバー紹介のVTRが始まったのと同時に大歓声が上がる。その熱狂に迎えられて、ショーケースは、パフォーマンスからスタート。ミドルテンポのR&Bながらダンスが激しい「What You Wanted」では、ポイントとなる足で床を蹴りつけるダンスで会場を煽ると、続く2曲目、韓国音楽番組で1位になった「Movie Star」では、さらにファンの声が大きくなり、応援コールもバッチリ。生で見ると歌はもちろん、CIXはパフォーマンスが美しいと感じさせる。

中盤は、トークとゲームのコーナー。東京夜公演では、BXは4年間一度も怒ったところを見たことがない、スンフンには直してもらいたいところがひとつもない、ジニョンは毎日スター性を感じる、ヨンヒは優しすぎる、ヒョンソクは何でも1位になりたがる…ということをメンバー同士で明かしあった。
大阪夜公演では、「ライブのときに、ファンがやってくれるとうれしいことは?」という質問に、「僕たちを見て、“マジ?”って言ってくれること」(スンフン)、「大きな歓声がパワーになります」(ヨンヒ)、「小さなアクションにも反応してくれること」(ジニョン)、「大きな声で名前を言ってくれること」(BX)、「ドキドキしている表情がかわいい」(ヒョンソク)と回答してくれた。

日本語勉強中というメンバーたちは、なるべく日本語で話をしようと、手のひらや腕にまで油性ペンでコメントのカンペを仕込む一生懸命さを見せていた。また、大阪では「ヒョンソクやで」「一緒にユニバ行こう!」「おおきに」などご当地ネタを披露してファンを笑わせた。
トークとゲームの間には、このショーケースが初生パフォーマンスとなる「Movie Star -Japanese ver. -」を披露。力強さとセクシーさが同居するダンスを見せながらも、べ・ジニョンは前髪をかき上げて、ニッコリと笑顔を見せる余裕を見せた。

本編の最後は、こちらもこのショーケースが初パフォーマンスとなる日本オリジナルの新曲「My New World」が彩ったが、パフォーマンス前にこのイベントのために作ったというメンバー自らが応援方法をレクチャーする「チアガイドVTR」を公開。「始まる世界、ともに歩もう、CIX!」とメンバーたちも大張り切りの様子を見せた。生パフォーマンスは、“RUN RUN”という歌詞に合わせた走る動きのキャッチ―な振付や、CIXらしい大きな動きを上手く取り入れたダンスが目を引いた。
大きな“CIXコール”に迎えられたアンコールでは、キュートな「The One」を披露。ショーケースの成功を喜ぶように、笑顔のメンバーたち。各人が思い思いに頭の上でハートマークを作ったりとリラックスした姿で締めくくった。

そして、最後の記念撮影でファンからのサプライズが!号令に合わせて満員の会場から「好きやねーーーん!」という声とともに、韓国語で「新人賞おめでとう」を書かれたスローガンが掲げられ、メンバーたちも驚きの表情を見せ、「チュッカヘー(おめでとう)!」という祝福の声に笑顔がこぼれ、最後は、「新人賞は1回しかいただけない。FIX(ファン)のおかげでいただけました」(スンフン)、「祝ってもらえると思っていませんでした。ありがとうございます」(ヨンヒ)、「皆さんがいるから僕らがいます。これからも努力します」(ジニョン)、「FIXのおかげで価値ある賞がいただけた。ファンが誇りに思うCIXになるとメンバーたちを誓いました」(BX)、「FIX、愛してる!」(ヒョンソク)という感謝の言葉で締めくくった。

大阪の最終公演では突如、終演後に<2020 We’ll be back>と書かれた映像が流れて、ファンもびっくり。
韓国では11月19日に2nd EP ALBUM『HELLO Chapter 2 Hello, Strange Place』でカムバックをするCIX。2020年、日本ではどんなカムバックをしてくれるのだろう。期待が高まる。

カメラマン:上山陽介(Kamiyama Yosuke)


【商品情報】
HELLO Chapter 1. Hello, Stranger (1st EP) [Japanese ver.]

<収録曲>※全形態共通
01.What You Wanted
02.Movie Star
03.Like It That Way
04.Imagine
05.The One
06*.Movie Star -Japanese ver. - ※デビュー曲「Movie Star」の日本語ヴァージョン
07*.My New World ※新曲
*はボーナストラック


【CIX プロフィール】
CIXは、BX、スンフン、べ・ジニョン、ヨンヒ、ヒョンソクの個性的かつ魅力的なメンバーで構成された5人組ボーイズグループ。CIXとは「Complete In X」の略語であり、5人の未知数のメンバーが一緒に集まった時に初めて完成されるという「未知数の完成」という意味が込められている。
2019年7月23日、1st EP ALBUM 『HELLO Chapter 1 Hello, Stranger』をリリースし、韓国デビュー。同年7月に開催された韓国ソウル・SKオリンピックハンドボール競技場(オリンピック公園)でのデビュー・ショーケースはなんと30秒でチケットが完売し話題をさらう。さらにはデビューから僅か1週間で1st EP収録曲「Movie Star」が音楽番組で1位を獲得するなど、超大型ボーイズグループとしての高い注目度を証明した。
K-POPが世界中で高い評価を受ける中、CIXは次なる期待の新星としてK-POP界に現れたいま最もエキサイティングな5人組であり、世界中から高い関心が寄せられている。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ