横浜流星、杉野遥亮ら若手俳優陣が豪華共演、MVで若者たちの希望と挫折を描く

音楽 公開日:2019/11/12 11
この記事を
クリップ

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンドamazarashiが、11月27日にリリースされるライブ映像作品『未来になれなかった全ての夜に』の完全生産限定盤に収録される『未来になれなかったあの夜に』のMVの詳細発表と4種類のティザー映像が公開された。

MVには横浜流星を始め、杉野遥亮、泉澤祐希、そして柄本時生などの今注目を集める若手実力派俳優たちが豪華共演。『新聞記者』『デイアンドナイト』『青の帰り道』などを手掛けた映画監督 藤井道人により、amazarashi秋田ひろむの過去の話を題材に、4人の若者の希望と挫折が描かれたストーリーが展開される。





2018年に公開された藤井監督作品の映画『青の帰り道』ではamazarashiの『たられば』が主題歌に抜擢され、横浜流星も作品に出演しており、amazarashiのライブに何度も訪れるなど普段の親交から、今回の作品が実現した。

横浜流星は「エモーショナルで映画のような壮大な撮影で、とても素敵なMVになったので、このチームで映画を創りたいと思いました。映画『青の帰り道』でamazarashiさんと出会い、それから聴くようになり、どんな時も寄り添ってくれる、僕にとってなくてはならない存在です」と語っていた。

ティザー映像は全4バージョンで、それぞれの人生の分岐が描かれている。本編映像は、11月20日19時より、amazarashi オフィシャル YouTubeチャンネルにてプレミアム公開され各配信サイトより先行配信される。

この記事の画像一覧 (全 7件)