佐野勇斗・板垣瑞生擁するM!LK、全シングルメドレーがエモい

音楽 公開日:2019/11/07 2
この記事を
クリップ

佐野勇斗板垣瑞生など、人気俳優も数多く擁する7人組ボーカルダンスユニットのM!LKが、ニューシングル『ERA』の発売日となった11月6日に、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにてリリースイベントを行った。

本作は結成5周年のアニバーサリーソングということで、なんとデビュー曲から全てのシングルをメドレー披露するスペシャルなステージに。5年間の軌跡と成長、そして未来への決意を映した熱いステージに、寒空にもかかわらず集まった1500人のみ!るきーず(M!LKファンの呼称)を沸騰させた。

結成から10枚目、昨年8月に新メンバーが加入してからは3枚目のシングルとなる『ERA』。英語で“時代”という意味を持つタイトルを体現すべく、MVもこれまでの軌跡を描いたドキュメンタリー仕立ての作品になっており、み!るきーずを中心に大きな感動を呼んできた。

そんな記念すべき楽曲について、イベントに先立って行われた囲み取材でリーダーの吉田仁人は、「10枚目という区切りの良いところで5周年記念というのはラッキー。今までの活動を凝縮した歌詞や歌割になっていて、日常生活で頑張っている方も共感できるだろうし、M!LKを長く見てる方は、より深く感じていただける」と説明。佐野も「今まではブッ飛んだ曲が多かったけど、「ERA」は今の僕らに寄り添った歌詞になっている。今の7人の足跡、軌跡があったからこそ生まれた曲で、曲調は明るいけど歌詞は濃い」と胸を張った。

そして「今まで未来の歌ばかり歌ってきたけれど、これは初めての過去を歌った曲」という板垣の言葉を証明するように、「今日はスペシャルメドレーやっちゃいます。みんな盛り上が準備できてるか!?」という佐野の号令から、1stシングル『コーヒーが飲めません』がスタート。

続いて2ndシングルの『反抗期アバンチュール』では“まだまだ子供なの?”とキュートに小首を傾げて歌う曽野舜太にみ!るきーずはどよめき、3rd『新学期アラカルト』では客席から湧く凄まじいメンバーコールが7人を躍らせる。

佐野いわく「今までのリリースイベント史上、一番豪華かもしれない」というメドレーに、曲のイントロが鳴るたび場内からはドッと喜びの悲鳴が。夏祭り気分満点の『夏味ランデブー』、サビのダンスが特徴的な人気曲『疾走ペンデュラム』と場のテンションをグングン上げていき、鉄板曲の6th『テルネロファイター』ではみ!るきーずもあらん限りの大声で掛け声を入れながらペンライトを頭上に突き上げる。

取材時に「5人時代の曲を7人でやるって、すごくエモいんですよ」と塩﨑太智が語った通り、新メンバーを迎えたパフォーマンスで発揮されるオリジナルとは一味違った魅力に、み!るきーずたちも興奮が隠せない。

さらに「アニバーサリーシングルの発売日に、今までどれくらい成長したか?を見せたい」という取材での塩﨑の発言を裏付けるように、『ボクラなりレボリューション』から7人体制最初のシングル『Over The Storm』へと雪崩れ込むと、ダンスも歌声も一気に力強いものに。

曲と曲をシームレスに繋いで走り続け、大人びた表情で儚さを見せる9thシングル『かすかに、君だった。』で締めくくられたメドレーはちょうど7分。“7人”にこだわって構成されたメドレーを歌い終え、宙を見上げた7人に、み!るきーずたちからは万雷の拍手が贈られた。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 12件)