三浦大知、ホールツアー&ニューシングルリリースを発表

音楽 公開日:2019/11/06 6
この記事を
クリップ

三浦大知が11月5日(火)国立代々木競技場 第一体育館で行った『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2019-2020 COLORLESS』にて、ホールツアーの開催を2020年1月31日(金)より行うことを発表した。更に、2020年1月15日(水)にニューシングルを発売することも合わせて発表された。




MC内で突然、ホールツアーとニューシングルの発売の発表がされると、会場に集まった1万2千人のファンからはひと際大きな歓声が。来る2020年最初のリリースとツアーへの期待は益々高まった。

今回発表されたニューシングルは、モデル・作曲家として活躍するKōki,が作曲に加わり話題となった、2019年6月12日(水)発売の『片隅 / Corner』以来、約7か月ぶりとなる通算26枚目のリリース。楽曲は現在制作中で詳細は後日発表予定との事。続報を待とう。

今年9月よりスタートし全国4会場6公演約5万人を動員した開催したアリーナ公演、『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2019-2020 COLORLESS』ではジャンルでカテゴライズされないセットリストとパフォーマンスを展開。昨年公開された映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の主題歌として話題になった『Blizzard』や、美しく繊細なメロディが特徴の『片隅』、そしてダンサーと圧巻のパフォーマンス繰り広げる『飛行船』などを披露し、単色ではない無限の色でステージを染め上げ、観客を魅了した。

2019年も残すところあと2ヶ月を切ったが、既に2020年の展望を発表した三浦大知が来年もその先も、どのような”色”で私たちを彩ってくれるのか期待は膨らむばかりだ。



この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ