NCT 127、自身初のライブアルバムリリース 韓国公演をアルバム化

音楽 公開日:2019/10/24 4
この記事を
クリップ

韓国発の多国籍ボーイズグループNCT 127(ヨミ:エヌシーティー イチニナナ)が、自身初のライブアルバム「NEO CITY : SEOUL - The Origin - The 1st Live Album」をリリースした。
本作には、NCT 127初の単独ライブツアーにして、 全10ヶ国26都市37公演をめぐる超ロングワールドツアーとなった「NEO CITY - The Origin」より、2019年1月26日~27日に韓国・ソウルのKSPO DOME(オリンピック公園 体操競技場)にて行われた公演の内容が収録されている。




Remixバージョンで披露したデビュー曲『Fire Truck』をはじめ、『Chain』『Cherry Bomb』などNCT 127の代表曲はもちろんのこと、高い歌唱力で感動を生み出したバラードパートの『Timeless』『No Longer』。さらにK-POPアーティスト屈指のラップスキルを見せつけた『Baby Don't Like It』『Mad City』など、聴きどころ満載な充実の25トラックとなっている。

また、NCT 127は12月から日本ツアー「NCT 127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPAN - The Origin’」を予定している。日本初披露曲も期待される中、“「NEO CITY - The Origin」のその先の姿“を提示してくる事が予想される同ツアーに向けて、ライブアルバムが“予習盤”の位置づけも果たしそうだ。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ