高畑充希主演『同期のサクラ』主題歌が反響を受け急遽配信リリース決定

音楽 公開日:2019/10/23 9
この記事を
クリップ

日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』主題歌となっている森山直太朗『さくら(二〇一九)』が、ドラマ放送後の反響を受け、10月30日(水)より配信されることが急遽決定した。





主題歌として今の歌唱による「さくら」を提供してほしいというドラマ制作陣からの熱いオファーに応える形で制作された『さくら(二〇一九)』。


10月9日、『同期のサクラ』第一話のクライマックスシーンで同曲が流れると、SNS上では「直太朗さんの歌声聴いたら涙止まらなくなったぞ」「森山直太朗さんの曲がなんだか背中を押してくれる」「テレビ越しで聴いても一瞬で鳥肌の立つ歌声、ほんとすごい」など大きな反響があった。トレンドランキングでも「#同期のサクラ」が1位を獲得、「#森山直太朗」もランキング入りするなど、ドラマとともに主題歌が大きな話題を集めた。

『さくら(二〇一九)』は10月30日(水)AM0時より、iTunes、レコチョク、Apple Music、LINE MUSIC、Spotifyなどの主要音楽配信サイトにて配信スタートする。

また、配信に先がけ、10月24日(木) J-WAVE(81.3FM)「GOOD NEIGHBORS」にてラジオ初オンエアされることが決定した。「今」ならではの歌唱と瑞々しいアレンジによる『さくら(二〇一九)』、ぜひいち早くフルで聴いてみてほしい。

この記事の画像一覧 (全 2件)