SuperMアジア初の快挙、デビューアルバムが米8つのチャート1位に

音楽 公開日:2019/10/21 8
この記事を
クリップ

アメリカのCapitol Music GroupとSM ENTERTAINMENTがタッグを組んだグローバルプロジェクSuperMが初のミニアルバム『SuperM』でアメリカのビルボードチャート「Billboard 200」と「Artist 100」を含む8のチャートで1位を記録した。
 




SuperMはビルボードのメインチャートである「Billboard 200」と「artist 100」を始め、「Top Album Sales」「Digital Album」「World Album」「Top Current Album」「Internet Album」「World Digital Song Sales」の合計8つのチャートに1位を記録する成果を出した。

特に「Billboard 200」チャートを分析した結果、アジアのアーティストがデビューアルバムで1位を記録したのはSuperMが初めてであり、デビューと同時に大きな人気とインパクトを見せつけた。そしてCD売り上げ、ラジオ放送、ストリーミング及びSNSを通じたファンとのコミュニケーションなどを基準で毎週一番人気のあるアーティストをランキングする「Artist 100」チャートにも1位を記録してグローバルな人気を証明した。
ビルボードは公式サイトを通じて「SuperMが初のミニアルバムでBillboard 200アルバムチャートで1位を獲得」というタイトルで報道するとともに、『SueprMはビルボード「Artist 100」チャートにもランクインされており「アメリカ最高のミュージックグループ」というタイトルを獲得した』と報道した。

一方、10月4日ワールドワイドで公開されたSuperMの初のミニアルバム「SuperM」はタイトル曲「Jopping」の他「I Can't Stand The Rain」「2 Fast」「Super Car」「No Manners」など多彩な色の5曲が収録されている。



SuperMダウンロード・試聴はこちら

https://music.dwango.jp/artist/256272

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ