ラグビー日本代表決戦の地、米津玄師『馬と鹿』が背中押す

音楽 公開日:2019/10/20 3
この記事を
クリップ

米津玄師が9月11日にリリースし、Billboard JAPANにて総合1位、ダウンロードチャートでも8週連続1位を記録している『馬と鹿』。その大ヒットを記念しスタートした”旅するデカジャケ”企画の6か所目となる目的地が西東京・調布市となり、昨日そして、本日の20:30まで調布パルコ1F店頭イベントスペースにて展示を実施している。

この”旅するデカジャケ”は、巨大な『馬と鹿』のCDオブジェのストリート展示企画で、9月13日(金)に渋谷スクランブル交差点からスタートし、福岡・大阪・名古屋・北海道と約1か月をかけて各地を巡って展示され、フォトスポットとなるだけでなく、ラグビー日本代表を応援してきた。

本日は、ラグビー日本代表がワールドカップの準々決勝を迎える舞台である試合会場、東京スタジアムからほど近い調布での展示となり、優勝候補である南アフリカ代表との決戦に臨む日本代表にエールを届ける。




『馬と鹿』はラグビーをモチーフにした、大泉洋主演の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として起用され、ドラマ放送終了後も日本代表戦会場やラグビー関連のニュースに使用されるなど激闘を繰り広げる選手の背中を押すアンセムとして話題に。ラグビー日本代表選手・福岡堅樹選手がtwitterで「試合前にいつも曲を聴いて力をもらってます!」とコメントを寄せるなど選手の間でも『馬と鹿』は好評を博している。

また、先週の日本VSスコットランド戦では、試合終了後、両チームの選手がスタンドへ挨拶をする中、大音量で『馬と鹿』の曲が会場に響き渡り、観客たちは合唱しながら、両代表選手たちの奮闘を称えた。

ラグビーワールドカップでの日本代表の躍進を各地で見守ってきた”旅するデカジャケ”。是非大事な試合を迎える選手たちに、『馬と鹿』「旅するデカジャケ」と共にエールを送ろう。

【関連商品】


   

この記事の画像一覧 (全 3件)