アンジュルム卒業後初の音楽活動、和田彩花 自身作詞ソロ曲を発表

音楽 公開日:2019/10/09 5
この記事を
クリップ

ソロアイドル和田彩花が、10月9日に自身初のソロ曲を公式YouTubeチャンネルにて発表した。

この曲は、6月18日にアンジュルム卒業後初の音楽活動であり、自身初のソロ曲、そして自身初の作詞と初づくしの楽曲となる。




ミュージックビデオは、アンジュルム時代に自身が初めて行った憧れの地フランスでの映像と、アンジュルム卒業後に幼少時代より憧れだったエジプトにプレイべート旅行で行った映像に本人の書いたイラストをMixさせ作成した。

和田彩花がアイドルとして、そして和田彩花という人間として生きる素の姿を反映した作品となる。


<和田彩花コメント> 

和田彩花として音楽でも表現させていただける機会がついに始まりました。 一人になってから、密かにコツコツと作詞をしていました。 ようやく、皆さんに届くと思うと楽しみな気持ちと少し不安な気持ちと。 私はアイドルだけど、誰のものでもなく、私自身で生きていく、 そんなアイドルの形があってもいいよね? ではないですね、 そんなアイドルの形が可能だと思っています。 今の私には大きくキラキラ輝くような夢はきっとありません。 ですが、私の目の前に広がっている現実の大きく深い世界を感じるたび、ワクワクするのです。自分の目で、自分の足で、様々な世界を知りたいです。 そんな風にこの先を見つめていきたいという願いで書いたものなので、 これから始まる私の活動のイントロダクションとしてぜひ楽しんでください。 そして、自分の身体を通してこの曲を表現していく機会を作っていけるよう頑張ります。 では、このへんで。 

 

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ