超特急、最新シングル“クール・ポップ・セクシー”なジャケット写真を公開

音楽 公開日:2019/10/04 5
この記事を
クリップ

6人組ダンス&ボーカルグループの超特急が、11月20日に発表する最新シングル『Revival Love』のジャケット写真を公開した。通常盤・Pastel Shades盤・Shine Bright盤の3形態でリリースされる今作だが、ジャケットもクール・ポップ・セクシーと、それぞれ異なるアプローチに。超特急が培ってきた多彩な魅力を一気に楽しめる、非常に贅沢な一作となっている。

表題曲『Revival Love』は、いきものがかりのギタリスト・水野良樹が曲提供したポジティブなラブソングで、フジテレビ系10月期木曜劇場『モトカレマニア』の主題歌。カップリング曲『Don’t Stop 恋』もメンバーのタクヤが出演する11月公開の映画『どすこい!すけひら』の主題歌と、話題作がズラリと並んだ本シングル。さらに、Pastel Shades盤とShine Bright盤には、年末年始に開催されるアリーナツアー『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolucion viva』の東西公演それぞれのテーマソングが収録されており、両者の対照的な個性を活かしたティザー映像も公開済みと、本作に懸ける彼らの並々ならぬ意気込みは発売前から明らかだ。




その想いは当然ジャケットにも表れており、まず、通常盤は各自イメージカラーをベースにしたカラフルな新衣装を着てたたずむメンバーを捉えたショットに。スモークの向こうから強い眼差しでこちらを見据える様は、年明け1月3~5日に行われる東京・国立代々木競技場 第一体育館3デイズのテーマソング『On & On』のティザー映像にも通じるもので、未来へと続く道への固い決意を感じさせてくれる。

一方でPastel Shades盤のジャケットは、こちらに収録されている年末12月21・22日の大阪城ホール公演テーマソング『Sweet Bell』のティザー映像と同じく、おのおのラフなスタイルで自身のカラーに染まったバルーンと戯れるポップな仕上がりとなっている。その柔らかく自然体の仕草や顔つきは、甘いクリスマスソング『Sweet Bell』を収めたPastel Shades盤にふさわしい。

そして『On & On』を収めたShine Bright盤は、なんと純白のスーツを着たメンバーが、それぞれイメージカラーのペイントを頭からかぶって顔を寄せ合う衝撃的なビジュアルに。一人ひとりが自由に、自身の魅力を最大限に打ち出した十人十色な表情は実に思わせぶりで、見る者の想像を掻き立ててくれる。
年末の大阪城2デイズでは“パステル”を、自身初となる国立代々木競技場 第一体育館3デイズでは“ビビッド”をテーマに、まったく異なるライブ演出が為されることも発表済み。同じ色でも濃淡によってまるで印象が変わってしまうように、年越しを挟んで鮮やかに進化してゆく超特急に期待したい。

超特急 ニューシングル「Revival Love」
発売日:2019年11月20日

この記事の画像一覧 (全 3件)