IZ*ONE 5万人動員のアリーナツアー涙の終幕、『Vampire』ライブ初披露

音楽 公開日:2019/09/26 5
この記事を
クリップ

1万6000人のWIZ*ONE(IZ*ONEファンの呼称)が集まったさいたまスーパーアリーナで、5万人を動員したIZ*ONE初の日本アリーナツアー最終公演が行われた。

会場に『Hey. Bae. Like it.』のイントロが流れステージ中央からアン・ユジンが登場して可愛らしいポーズを決めると、次にカン・ヘウォン、チェ・イェナとメンバーが一人ずつステージへ。メンバーが現れるたび客席からは大きな声援が送られ、最後にチャン・ウォニョンが登場してIZ*ONEメンバー全員がステージ上に勢揃いすると日本ツアー最終公演に集まった1万6000人のファンから大きな歓声が沸き起こった。
美脚際立つピンク色の衣装で『O’My!』『We Together(IZ*ONE)』とポップで可愛らしい楽曲が次々披露され、会場の熱気はどんどん上昇していく。
ここで改めて”Eyes on me! こんにちは!IZ*ONEです!”と挨拶し一人ずつ自己紹介。宮脇咲良が「皆さん盛り上がってますかー?」と会場を煽ると予想以上の大きな声援に驚きの表情を浮かべ、「後ろから端のほうまで全部見えてるので楽しんでいきましょうー!」とさらに会場を盛り上げた。




アン・ユジンとチェ・イェナからはオープニング3曲に込められたストーリーを大きなハートのポーズ付きで説明し、本田仁美からは改めて日本語で「コンサートツアー中ひまわりのようにIZ*ONEだけを見つめてくれて、Oh!私のWIZ*ONE!これからもお互いを大切に仲良くしようね!」というファンへの温かいメッセージが伝えられた。
可愛らしい猫の手ポーズで次に歌う曲を紹介すると日本デビューシングル『好きと言わせたい』に収録されているユニット曲『猫になりたい』と『ご機嫌サヨナラ』を全員バージョンで披露した後、ステージのLEDに大きな飛行機が映し出されるとテンポ感が非常に気持ちのいい人気曲「Airplane」はセンターステージでパフォーマンス!銀テープが発射され、会場により華やかな景色が広がった。

たくさんの花々に囲まれた可憐なメンバーの映像が流れ終わるとステージには白いピアノとフレアワンピースに着替えたメンバーが登場しキム・ミンジュの伴奏で『夢を見ている間(IZ*ONE Ver.) 』『Really Like You』と美しいバラード曲パートへ。歌唱力でも十分に魅せることができるIZ*ONEの実力を改めて感じるパートとなった。MCではそれぞれ自身の好きなダンスの振り付けを披露しつつ、本日リリースとなったJapan 3rd Single『Vampire』のダンスポイントを披露!

そしてカン・へウォンから『Vampire』について「日本の3枚目のシングルですが初心を忘れず頑張っていきます」と話し、「初心といえばみんなでタイムトラベルしてみませんか??」「タイムマシーン、出発!」という掛け声とともにIZ*ONE誕生のきっかけとなったPRODUCE48の思い出の楽曲たちをパフォーマンス。デビュー後に一層磨きがかかった表現力で『To reach You』『Rollin’ Rollin’』『I AM』を披露し会場を盛り上げると、このパートの締めくくりの『NEKKOYA (PICK ME)』では一際大きな盛り上がりで会場一体のとなる大合唱となった。

そして今回のツアーのために準備されたユニット曲のパートへ。チャン・ウォニョン/チェ・イェナ/矢吹奈子/本田仁美/アン・ユジン/キム・チェウォンが黄色いビタミンカラーの衣装で爽やかにパフォーマンスする『So Curious』、宮脇咲良/キム・ミンジュ/クォン・ウンビ/イ・チェヨン/チョ・ユリ/カン・ヘウォンが女性の力強さを激しいダンスパフォーマンスで表現した『Ayayaya』という2曲でIZ*ONEの可愛いい側面とカッコいい側面、両極端な魅力で表現の広さをみせた。

コンサート後半戦では、大ぶりな袖とメタリックな生地でダンスの美しさが一層引き立つ衣装で日本デビュー曲『好きと言わせたい』と『好きになっちゃうだろう?(IZ*ONE Ver.)』を続けて披露し、サビではキャッチーなダンスを一緒に踊るファンも!
続いて紫の衣装で登場した『Highlight』では会場が息をのむほどのクールな表情とパフォーマンスで魅了した。続いて韓国デビューミニアルバムリード曲「La Vie en Rose」、クォン・ウンビの印象的なフレーズが耳に残る『Rumor』人気曲を畳みかけ、コンサートも終盤へ。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ