中山美穂、約20年ぶりのニューアルバムリリース決定

音楽 公開日:2019/09/20 6
この記事を
クリップ

中山美穂がデビュー35周年イヤーを迎え、彼女のオリジナル曲としては1999年9月16日『Adore』以来、約20年ぶりとなるファン待望のニューアルバムリリースが12月4日(水)に決定した。




今作は音楽家、プロデューサー、マルチ弦楽器奏者の高田漣氏が全曲アレンジしたオーガニックなアルバムに仕上がっており、新録3曲、セルフカバー4曲計7曲を収録。初回限定盤には、撮り下ろし卓上カレンダーが封入される。

中山は1985年のデビュー以降、超人気アイドルとして39枚のシングルと21枚のオリジナルアルバムをリリース。数々のドラマでも主役を務め、80年代のアイドルシーンを牽引した。

中山美穂ワンマンでの最後のライブは、1999年10月30日(土) 六本木Sweet Baisilだが、自身の誕生日でもある2020年3月1日(日)には、約20年ぶりにデビュー時に初コンサートを行った思い出の場所「東京・中野サンプラザ」にてコンサートの開催も決定した。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ