SILENT SIREN、毎年恒例6度目の「サイサイフェス2019」開催

音楽 公開日:2019/09/15 9
この記事を
クリップ

2014年に初開催、以降毎年開催され今年で6回目を迎えるSILENT SIREN主宰のフェス「サイサイフェス2019」が9月14日(土)新木場スタジオコーストにて開催された。




メインステージ・テントステージ・ラウンジステージという3ステージ制で行なわれたこのイベント。会場の外の飲食ブースにはサイサイと所縁のある「天下一品」も出店するなど会場内外で盛況ぶりをみせた。

SILENT SIREN自身がリスペクトするアーティストたちを集めて毎年開催されるこのイベント。また事前に出演アーティストオーディションも行われ、計10組の若手アーティストがサブステージに出演した。

メインステージではオープニングアクトの26時のマスカレイドに続いて、BOYS AND MEN(本田剛文、勇翔、平松賢人、土田拓海、吉原雅斗)が登場し、エネルギッシュでエンターテインメントなステージを披露。続いて登場したみやかわくんは、ダンサーを従えてセクシーなダンスボーカルで大人の世界観を演出。そしてポルカドットスティングレイは、エモーショナルで硬派なロックサウンドでオーディエンスが一体となった。フレデリックは圧倒的なライブパフォーマンスを披露。緩急のついたセットリストで会場を魅了した。

そしてラストに登場したのが主宰であるSILENT SIREN。『merry-go-round』『八月の夜』とスタートからテンション全開。『恋のエスパー』では「STOP!」の掛け声とともに会場の時間が停止し、超能力を使って『オドループ』をサプライズ披露するなど会場を沸かせた。アンコールの「チェリボム」では出演アーティストがオールラインナップし、「サイサイフェス2019」は笑顔と拍手に包まれながら大団円を迎えた。

そして同日朝7:00から「31時間てれび」をLINE LIVEで実施。前回のツアーでの罰ゲームで決定したメンバーあいにゃんが、企画、演出、出演を務め、朝は渋谷から新木場スタジオコーストまでマラソンで会場入りしたり、助っ人にグッドモーニングアメリカのたなしんを迎えてサイサイフェス会場から生配信、サイサイフェス終わりには、CBCラジオアナウンサーの永岡歩を迎えての振り返りトーク、深夜にはメンバー主演のオリジナルドラマ「もしも あたしたちがサイサイじゃなかったら。」を放送するなど、翌9月15日(日)14時まで31時間放送された。そして番組の締めくくりにはメンバー4人が山中湖交流プラザ きらら シアターひびきを訪問。そこで来年2020年にバンド結成10周年を迎えてのメモリアルライブ「サイサイ結成10周年LIVE 2020.9.20 in 山中湖」を開催することを発表した。

 

 

この記事の画像一覧 (全 8件)