Uru 「夏目友人帳」主題歌やKing Gnuカバーも収録したトレーラー映像公開

音楽 公開日:2019/09/10 3
この記事を
クリップ

Uruが明日9月11日にリリースするニューシングル『願い』に収録される楽曲のトレーラー映像がオフィシャルYouTubeで公開された。

『願い』は、ドラマ『中学聖日記』主題歌として話題を呼び、現在もロングセールスを続けている前作『プロローグ』に次ぐ、Uruにとって通算8枚目のシングル。

表題曲『願い』は、何気ない日常こそが幸せな場所である事を大切な人への心象風景とともに描く、切なくも力強いミディアムナンバーで、現在TVアニメ『グランベルム』エンディングテーマとしてもオンエア中。


カップリングには『グランベルム』挿入歌にも決定している壮大なストリングスアレンジが美しいバラード『Scenery』、『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』主題歌として話題を呼んだ『remember』のセルフカバーに加え、2019年を代表する1曲でもあるKing Gnu『白日』を歌とピアノのみでカバーした楽曲が収録された意欲的なシングルになっている。




今回公開されたトレーラーでは約7分に及び収録曲全曲を余すことなく聞くことが出来る。


『願い』の初回盤には、2018年3月に行われた昭和女子大学人見記念講堂でのライブからシングル曲『奇蹟』、アルバム収録曲ながらファンからの人気を誇る『鈍色の日』、スピッツ『ロビンソン』のカバーを含む3曲と、Uruの代表曲の1つとなった『プロローグ』のミュージックビデオをフルサイズで収録。


期間生産限定(アニメ) 盤は、『願い』のTVサイズ音源と、Blu-rayで『グランベルム』ノンクレジットエンディングムービーが収録される。

2020年2月29日、うるう年・うるう日には、ライブのセットリストをファンからの投票で決定する初のリクエスト形式で行われる“Uru Live「Precious One day ~Uru-u Year 2020~」”を開催。


さらに、3月21日に名古屋市公会堂、4月12日にNHK大阪ホールにてワンマンライブを開催することも決定している。



【関連商品】


   


   

この記事の画像一覧 (全 5件)