松任谷由実 WBSのために書き下ろした最新曲、配信リリース決定

音楽 公開日:2019/08/30 3
この記事を
クリップ

松任谷由実の最新曲『深海の街』が、今秋、配信リリースされる事が決定。また、荒井由実時代含む、松任谷由実全曲のハイレゾ音源も、同日より配信リリースされる事も決定し、それに伴いニュービジュアルが公開された。




現在、次作39枚目となるオリジナルアルバムを制作中の松任谷由実が、早くも今秋、9月中旬に最新曲『深海の街』を配信リリースする事が決定した。今作は、現在オンエア中のテレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」のエンディングテーマ曲として書き下ろされた楽曲で、4月より番組で一部オンエアされているが、いよいよ待望のリリースとなる。

また、同日より、荒井由実時代含む、松任谷由実楽曲、全423曲のハイレゾ配信も決定。 昨年9月にデジタルにて全曲配信をスタートし、大きな話題となったが、今回はハイレゾ音源での配信がスタートする。

今回の配信に向け1年以上の歳月を費やし、最大46年の時を経て再生された貴重なマスターテープから音源をデータ化。音楽プロデューサー 松任谷正隆氏の音質監修の元、エンジニア GOH HOTODA氏による最新デジタルリマスタリングを施し、楽曲に宿る時代の空気はそのまま、最新のサウンドクオリティに仕上げた作品となる。良質なサウンドの魅力を知るリスナーは勿論のこと、未体験のリスナーにも是非、体感してほしい。

関連タグ