THE BOYZ、サマソニ白熱のステージで観客を魅了

音楽 公開日:2019/08/19 4
この記事を
クリップ

今年20周年を迎えた日本最大級の音楽フェス「SUMMER SONIC 2019」に、日韓で人気急上昇中のボーイズグループ、THE BOYZが出演した。
THE CHAINSMOKERS, ZEDD, ALAN WALKER, THE VAMPSなどの豪華アーティストたちに加え、今年K-POP界からはBLACK PINKそしてSEVENTEENが出演。
中でもTHE BOYZは、8月17日に大阪 (舞洲SONIC PARK)、18日は東京 (ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ)とK-POP勢では唯一東阪両2会場での出演を果たした。




東京会場はソニックステージに登場。大きな会場が歓声に包まれる中デビュー曲『Boy』で華々しくライブがスタートし、『No Air』や『Bloom Bloom』など、ハードなダンスナンバーからポップでキュートなナンバーまで全7曲を披露した。

洗練されたビジュアルと一糸乱れぬダンスパフォーマンスで観客を魅了し続けたTHE BOYZ。メンバー全員のダンスがキレよく揃う見せ場では会場が思わずどよめくようなシーンもあり、初のサマーソニックのステージは大成功で幕を閉じた。
THE BOYZは本日19日18:00に韓国で新曲『D.D.D』のリリースを予定している。
勢いが止まらないTHE BOYZからますます目が離せない。

カメラマン:KEI MASUDA


THE BOYZプロフィール
“全員センター級“の実力とビジュアルを兼ね揃えたネクストブレイク必須の12人組K-POPボーイズグループ。ビジュアルレベルの高さから広告界でのラブコールが殺到。また音楽番組ではデビューから異例の早さで1位候補にあがり、2018年の韓国主要音楽アワードでは相次いで新人賞を受賞した。その人気は韓国だけにとどまらず、Zepp Tokyoで行われた初の日本単独公演には4万通もの応募が殺到。2019年にはソウルを皮切りに日本の幕張メッセイベントホールを含むアジア全8か国でアジアツアーを開催するなど急激なスピードで成長を続け、K-POP界で一躍脚光を浴びている。

この記事の画像一覧 (全 5件)