森口博子、ガンダム楽曲カバーアルバムデイリー2位「ジャニーズに挟まれるなんて」

音楽 公開日:2019/08/11 19
この記事を
クリップ

森口博子が出演するラジオ番組『Anison Days+』(文化放送)の公開生放送を8月10日に行った。

公開生放送では、「機動戦士Zガンダム」の主題歌『水の星へ愛をこめて』でデビューした森口と「機動戦士Zガンダム」の主人公、カミーユ・ビダン役の声優、飛田展男と放送以来34年ぶりの共演となり、当時の懐かしいエピソードなどを話してくれた。




番組では森口のデビュー日である8月7日に発売した『GUNDAM SONGS COVERS』から『哀 戦士』『水の星へ愛をこめて』『ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~』の3曲を披露した。

収録前に囲み取材に応じた森口は、「アニソンは人格形成期に聞いた楽曲として裏切らないと思っていて、毎週のように番組を楽しみにして刺激をもらっています。今回は番組初の公開生放送ですが、いつもは収録でしゃべり過ぎてカットされてしまうことが多いです。でも言ったもん勝ちのところもあるので、ドキドキわくわくしています」と話した。

アルバム『GUNDAM SONGS COVERS』は、2018年にNHKで放送された「発表!全ガンダム大投票」内で、361曲のなかから森口のデビュー曲『水の星へ愛をこめて』が1位に選ばれ、さらに「紅白歌合戦」初出場のときに歌った曲『ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜』も3位に選ばれたことで、今作の発売となった。その選ばれた上位10曲が収録されており、しかも全曲をセルフカバーして、ほかの楽曲もカバーして森口のみが歌うガンダムアルバムである。

そんなアルバムがオリコンデイリーチャートで2位を獲得。「まさかの2位でビックリしました。1位が嵐で3位がA.B.C-Zで、まさかジャニーズに挟まれるなんて思いませんでした。デビュー当時から想像できないことが起こっていますよ。デビュー34年で奇跡です。しかもCDショップで売り切れ続出みたいで、ファンと一緒にたぎっています。いまビックリするくらい森口博子ロス急上昇中です」と喜んだ。

先日の小泉進次郎衆議院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステルの結婚が発表された。さらに速水もこみちと平山あやなど結婚ラッシュが続いているが、独身の森口に結婚について聞いてみると「こんなすごいことが起こっているので、今は恋愛は邪魔ですね。今はデートしてる場合じゃないですよ。今はガンダムが人生のパートナーですね」と仕事への意欲を見せた。

昨今の芸能界では再ブレークがブームでもあるので、令和元年には再び森口博子ブームが巻き起こりそうな予感だ。

この記事の画像一覧 (全 28件)

関連タグ