w-inds.とLeadが台湾・台北最大級の音楽フェスで魅了

音楽 公開日:2019/08/05 10
この記事を
クリップ

3人組ダンスボーカルユニットのw-inds.Leadが、8月3日(土)、4日(日)で開催されたアジアのスーパーバンドMayday主催、 台湾・台北最大級の音楽フェス「超犀利趴 (スーパースリッパ)10」に出演した。

8月3日(土)は日本からDA PUMPw-inds.Leadが出演しており、Leadはフリーで観覧できる、Summer Stageに出演。7月24日(水)に発売された最新曲『Summer Vacation』他、全6曲を披露した。Leadの台湾でのライブは10年ぶりということで、待ちわびていた台湾ファンから力強い声援を受けてのステージとなった。




そして、メインステージであるSuper Stageに大トリであるMaydayの前に登場したw-inds.。バックダンサーを引き連れステージに現れると、7月31日(水)に発売したばかりの新曲『Get Down』他、全10曲を披露した。激しいダンスナンバーから歌唱力を遺憾なく発揮するものまで、音楽性やパフォーマンスの幅広さを見せつけ、台湾のオーディエンスを大いに沸かせた。

終盤のMCでは、メンバーの橘慶太が「みなさんに大切なお知らせがあります」と切り出すと、 その後を継いで緒方龍一が「今年の12月にここ台北で、僕らのコンサートが決まりました!」と発表した。今回のフェス出演はw-inds.にとって5年ぶりの台湾でのステージとなったが、またすぐに来台することが決まったとあって、会場中が歓喜の声に包まれた。台湾公演の日程や会場などの詳細は後日正式に発表される予定だ。



   


   


   


   


   


   


   

この記事の画像一覧 (全 7件)