吉川友ニューシングル、前作との二部作 “至極のバラード”

音楽 公開日:2019/07/31 7
この記事を
クリップ

吉川友が、 7 月 31 日、ニューシングル『暁 -yoake-』をリリースした。

 本楽曲は吉川友の配信限定リリース第 3 弾、アカシックの理姫(Vo.)と奥脇達也(Gt.)による 書き下ろしの新曲で、前作の『恋』との二部作となっており、恋をしている二人の同じ思い出、 同じ風景を、異なる状況、異なる目線、異なる曲調で描いた作品となっている。 




吉川友のオフィシャル YouTube チャンネルにて配信日に公開される< 吉川友『暁 -yoake-』 ( promotion edit ) >では、吉川友とコラボして楽曲までリリースしているぱいぱいでか美 が友情出演。 8 月 2 日(金)から始まる、夏の風物詩となっている世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」にて、音源化された楽曲で初ライブする予定だ。 


吉川友コメント>

 新曲を作るにあたり、楽曲打ち合わせで二部作にしようとなり、今回の新曲が出来上がりました! 前作の『恋』とはガラリと雰囲気を変えた『暁』。同じ歌詞なんだけど、曲調が違うだけでこんなに違う楽曲になるのか!!とビックリしたのを覚えています。声質も年齢も大人になった今だから 歌えるバラード!音数が少ない分、歌うの緊張しますが、、、この曲で、新たな引き出しを開けられたらなと思います。単品で聴いても良し!2 曲聴き比べたらなお良し!2つの吉川友をお楽しみください! 

<作家コメント> ★ 作詞:理姫(アカシック) 

恋の歌詞を作ったときから、ほとんど同時に暁の構想をしていました。恋愛の真っ最中が 『恋』で、それから時間が経ってしまったある日のことが『暁』です。同じ風景同じ思い出を、違う視点で、違う状況で、違う曲調で作ってみるという構想が初めからありました ので、思い切ってあえて同じ歌詞を使うということにこだわりました。一番がはじまった瞬間にファンの方に、あれ?と思っていただきたいなぁと思いながら、メロディに当てはめていきました。どちらも友ちゃんが上手に表現してくださり、とても綺麗な二作になったと思います! 個人的には、暁のせつなすぎる状況が、友ちゃんの声にぴったりだなぁと感じております。 

★ 作曲:奥脇達也(アカシック) 

「きっかに本気バラードを歌わせたいんです!」とマネージャーさんからバゴーンと言われたそのとき、よっしゃ!バラード!おれも!書きたかったです!やるぜー!と一致。自分なりの本気のバラードをつくることができたと思います。素敵なメロディです。たくさ ん聴いて下さいまし。 

関連タグ