艶やかな表情に注目、田村芽実が新曲MVで見せる豊かな表現力

音楽 公開日:2019/07/31 7
この記事を
クリップ

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ、アンジュルムの元メンバーで、現在はミュージカル界の新星として活躍する田村芽実(たむらめいみ)。先日の新曲『舞台』のジャケット写真に映る田村芽実の姿は、狂騒の1920年代を思わせるシアトリカルな衣裳で、艶やかな表情が公開とともに注目が集まる中、本日パッケージ(8月21日発売)に先行して表題曲となる『舞台』の先行配信スタート。さらに同曲のミュージックビデオ(Short Ver.) が公開された。




今作のミュージックビデオは、舞台において役と一つになる苦しみと喜びがテーマの楽曲を、閉塞感のある暗闇と、解放的に自然の中で歌う、2つのシチュエーションで表現された作品となり、湖で大雨に打たれながらも力強く歌う田村芽実は、新たな幕開けの決意を感じさせる。


さらに自身初の名・阪ワンマンライブを控える中、これまで2回、東京で開催したワンマンが即完売しているため、早くも東京での3度目のワンマンライブを発表。今回のライブは多くの反響を受け、当日2回公演が決定した。

女優・田村芽実としては、10月から上演されるミュージカル「ラヴズ・レイバーズ・ロスト -恋の骨折り損-」に出演、そして、2020年6月に公開されるミュージカル「ヘアスプレー」(主演:渡辺直美)では、主人公のライバル役として出演することが決定。ますます活躍の場を広げる田村芽実に今後も注目していきたい。


<ミュージックビデオ監督:Rachel Chie Miller コメント>
舞台というタイトルから、演じる役者のように多面的な表情を持っためいみちゃんを映像に落とし込みたいと考えました。水の中でしっとり力強く歌う面と、暗闇の中に浮き上がって妖艶に見える面を、めいみちゃんの豊かな表現力によって成り立つことのできた作品になったと思います。




   


   


   



この記事の画像一覧 (全 3件)